カテゴリー
お得な知識 スマートフォン

docomoの「カケホーダイ」は電話を使わない人には値上げ

docomoの新プラン「カケホーダイ」が発表されましたが、この新プランの口コミ評価などを観察すると、「値下げ」というところもあったり、「値上げ」という評価を下しているところがあったりと、まったく真逆の評判が出てきています。
実際に今回の新プランが値下げなのか値上げなのかは、以前のプランと比較してしまえばはっきりするとおもいます。

今回はこの新プランと旧プランの比較を行い、新プランが値上げとなったのか値下げとなったのかを考えてみます。

カテゴリー
スマートフォン デジタル家電

投げ売りFJL22が白ロムでも2万円以下に!Wi-Fi用のauスマホ

高性能なスペックを持ったスマートフォンが驚くほどの低価格で白ロム化しています。
auで使える富士通製スマートフォンのFJL22が、白ロムとしては大特価と言える1万6000円近い激安価格になっています。
ここまで安いと何か秘密が、それも悪い意味での秘密が隠されているんじゃないかとおもう方もいるかもしれませんが、このスマートフォンは特に悪い部分というのは目立ちません。
それなのに白ロムが安くなっているというのは、2つの理由があります。

  • MNPでキャッシュバックのオマケになった。
  • auのSIMかWi-Fiでしか使えない。SIMロック解除できないため、格安SIMが使えない。

このような理由から、白ロムの市場に供給が溢れる一方で、格安SIMが使えないために需要が低いという状況になり、白ロム価格が異例の安さになっています。
格安SIMは使えませんが、WiMAXやイー・モバイルを契約している方、あるいは自宅のWi-Fiで使おうとしている方には、本当にオトクなWi-Fi専用スマートフォンになるとおもいます。

カテゴリー
MVNOの評判まとめ スマートフォン

イオンのスマホはどこまで出来る?メリット・デメリットから評価してみた

大手販売流通事業者のイオンがスマートフォン事業にも参入してきました。

イオンの各店舗において、8000台限定ではあるものの、スマートフォンと格安SIMをセットにした格安スマホ「イオンのスマートフォン」を販売しています。
これまで5000円から8000円近くしてきたスマートフォンの料金を、定額で2980円/月という安さで使えるようにしています。しかもこの2980円には、本体代金も含まれての安さです。

従来のdocomoなどの携帯契約に比べると、明らかにその安さが際立ちますが、安いなりにいろいろと制限があるのも事実です。
この制限について正しく理解した上で利用しないと、安物買いの銭失いなんてことになりかねないのが今回の「イオンのスマホ」です。そこでここではイオンのスマホを買う前に、その安さの裏にあるメリット・デメリットを評価してみましょう。

 

メリット

わかりやすい料金

イオンのスマホが注目される点は、本体代+通信料の2項目だけというわかりやすいプランにあるとおもいます。docomoなどの契約は、本体代+基本料+通信料+割引サービス+オプションなどの様々な料金が絡んでいてわかりにくいです。これと比べればイオンのスマホの料金は単純明快と言えます。
このわかりやすい料金が、人気に火をつけているのでしょう。

本体代が24回分1420円と通信費1560円だけというのは、本当にわかりやすいプランだとおもいます。

セットのNexus4も悪いスマホじゃない

こうしたセットは、スマホ側が聞いたことも無いような変なスマホが多いのですが、このイオンのスマホで使われているのは、Nexus4というLG製でGoogleから出ているスマートフォンです。古いスマホではありますが、悪くないスマホです。
最新ゲームなどは厳しいですが、普通の使い方なら困ることはないスマホです。

料金のわかりやすさと、ちゃんとしたスマホを簡単に揃えられるというのはメリットだとおもいます。
ですが、一方でデメリットもあるために、そちらも把握しておきましょう。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン 節約

auのスマートフォンの毎月の運用料金を安くする・本体代を安く買う方法を契約別に考える

スマートフォンの毎月の料金を節約したいとおもうことは、多くの方が考えることだとおもいます。
スマートフォンの料金は高いとおもわれがちですが、使い方によってはとても安くすることができる類の料金です。
スマートフォンの料金を節約する方法はいろいろありますが、今回はauの通信料を様々なキャンペーンを使って安くする方法を考えてみたいとおもいます。
MNPはもちろん新規や機種変更でも携帯料金を安くする方法がありますので、それらを紹介し自分に合う・できるやり方を見つけてみてください。

カテゴリー
お得な知識 スマートフォン

auの維持費(最低維持費、パケットフラットプランの維持費)について

auのLTEスマートフォンを契約した際に、一体どれだけの費用がかかるかを今回様々なパターンで計算してみました。
auのスマートフォンを契約する理由はいろいろあるかとおもいます。普通に毎月の携帯代を安くしたかったり、キャッシュバック目的でauと契約して、毎月寝かせるために持っていたいという考えもあるとおもいます。
こうした場合に気になるのが、毎月の利用料金がいくらになるのかということだとおもいます。
今回はauにおいてLTEスマートフォンを契約した場合にどのような料金プランになるのかを、各種キャンペーンを適用した形で幾つか紹介して行きます。
自分の利用目的に合わせて、参照してみてください。

カテゴリー
お役立ちグッズ スマートフォン デジタル家電

格安白ロムスマートフォンARROWS S EM01Fの口コミや評判

イー・モバイルで売られているLTEスマートフォン、ARROWS S EM01Fが、安売りを続けられているおかげで白ロム市場に溢れてきました。
このARROWS S EM01Fは現行スマートフォンとして販売されているにもかかわらず、現在白ロム取り扱いショップでは、1万円前後の価格で売られているようになっています。
スペックをみると1万円という価格で売られるようなものでもなく、この投げ売り状況が産んだ価格帯といえる格安スマートフォンになっています。
今回はこのEM01Fのスペックや使い勝手、ネット上の口コミや評判を集めてみました。

カテゴリー
お役立ちグッズ スマートフォン

かっこいいiPhone5s向け保護ケースやバンパーのオススメは?

今回は国内で抜群の人気を誇るスマートフォン「iPhone5s」の保護カバー・保護ケースについてネット上でおすすめされている製品を紹介していきたいとおもいます。
バンパータイプやケースタイプの比較的デザイン性の強い保護カバーについて取り上げています。かわいい系ではないので注意してください。

かっこいいケースをお探しの方は是非参考にしてみてください。

 

とりあえずバンパーだとグラマスかな
丸みのあるiPhoneのフォルムが無くなって、Xperiaみたいな見た目になるけど、側面を完全にガードしてくれる上に重厚さのある光沢感がiPhoneの高級感と合う
特にブラックカラーのiPhoneを使っている人は、グラマスのメタルレッドバンパーが本当にかっこ良くなるからオススメ
あとは当然保護ガラスを表面に貼って完璧。画面も周りもガードできるし、デザインをあえて崩すことで個性的なスマホになるかな
問題はガラスとグラマスのセットで1万円近くなるということ
俺はMNPで安く買ったからこれぐらい払えるけど、機種変更で定価で買ってる人にはちょっとアクセサリーにしては高すぎるかもな

GRAMAS Metal Bumper 512R for iPhone 5/5S

・グラマス高杉
ぶっちゃけこの手のバンパーって質感とか造りの良さ悪さってのは近づいて見ないとわからないから、単純な見た目と保護性能考えたら2、3000円のノーブランドのバンパーで良くね?

 

・ノーブランドだとダサいやん
しかも後継シリーズとか期待出来ないし

カテゴリー
スマートフォン デジタル家電

docomoでも使えるXperia Z Ultraの白ロムが6万円 本体、カバーや保護ガラスの口コミや評判まとめ

auから発売されているXperia Z Ultra SOL24ですが、現在このスマートフォンは、海外版のほうが先に発売しており、それが日本のAmazonのマーケットプレイス上から購入できるようになっています。
白ロム価格としては、LTEの高速通信に対応したモデル「C6833」がおよそ6万円で、3Gの通信のみに対応したモデル「C6802」が5万円という価格で売られています。

海外版とau版において特に性能面では大きな違いはありません。ただ、通信方式については大きすぎる違いがあります。
au版のXperia Z Ultra SOL24は、auでの通信しか出来ないのですが、海外版になるとauでは通信できず、docomoか一部のSoftBankの通信方式に対応しています。
日本ではau版しか存在せず、au以外のユーザーはXperia Z Ultraを本来は使えないのですが、この海外版のXperia Z Ultraを購入すれば、docomoやSoftBank、MVNOの格安SIMでも使えるようになります。

今回はau版、海外版含めてのXperia Z Ultraの口コミや評判を集めてみました。バンパーや保護フィルムの評判も集まっているので、そちらも合わせて紹介してみます。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

Xperia Z Ultra SOL24とLG G flex LGL23がMNP一括0円!U25家族セット割で一括0円!

auから発売が予定されている2014年の春モデルスマートフォンであるXperia Z Ultra SOL24とLG G Flex LGL23ですが、この2機種がなんと発売前からMNP一括0円で売られている条件が出てきています。
もちろん発売日から正確に0円で売られるわけではありません。「条件付き」での0円になります。
今回はこのSOL24とLGL23のMNP一括0円の条件の紹介と、その契約方法について一つ方法を紹介したいとおもいます。

カテゴリー
MVNOの評判まとめ スマートフォン

格安SIM「U-mobile*d」は過去最高級のコストパフォーマンスを見せる激安MVNO

U-NEXTが展開しているMVNO格安SIMサービス「U-mobile*d」。
MVNOサービスとしては始めて1GB分の無料高速通信量を1000円以下で提供した事業者です。
現在、安さだけをみるならどのMVNOサービスも敵わないコストパフォーマンスを実現している格安SIMです。

3GBまで高速通信が出来、料金がわずか1764円という安さを実現している「スタンダードプラン」。
1GBまでが714円、その後1GB超過分から3GBまでが2079円という2段階で料金が決まる「ダブルフィックスプラン」が用意されている。
こうした格安SIMの基幹サービスの他に、スマートフォンの電池持ちを良くするとされるSMS対応オプションを158円から、今後の展開予定としてクラウドサービスの拡充なども行うようです。

nanoSIMにも対応し、docomoから販売されたiPhone5sや5cの白ロムならば利用が可能になっています。

今回はこの業界トップのコストパフォーマンスを見せる「U-mobile*d」の口コミや評判といった使い勝手のレビューをネットから集めてみたので、契約の際の参考にしてみてください。