カテゴリー
オトクにMNP情報 お得な知識 スマートフォン 節約

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。
この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。docomoではしていないのが残念ですが、2つのキャリアで再開したのは朗報だとおもいます。

このiPhone5sのMNP一括0円について、では一体どちらで契約したほうがよりオトクな契約になるのか、ということを今回は調べてみたいとおもいます。
今までのiPhone5sの契約は、横並びであったことが多かったですが、今回のSoftBankとauでは同じMNP一括0円ですが契約の内容は全く違います。

この違いについて比較してみて、どちらの契約の方にメリットが多いのかを紐解いていきます。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン 節約

auのスマートフォンの毎月の運用料金を安くする・本体代を安く買う方法を契約別に考える

スマートフォンの毎月の料金を節約したいとおもうことは、多くの方が考えることだとおもいます。
スマートフォンの料金は高いとおもわれがちですが、使い方によってはとても安くすることができる類の料金です。
スマートフォンの料金を節約する方法はいろいろありますが、今回はauの通信料を様々なキャンペーンを使って安くする方法を考えてみたいとおもいます。
MNPはもちろん新規や機種変更でも携帯料金を安くする方法がありますので、それらを紹介し自分に合う・できるやり方を見つけてみてください。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

Xperia Z Ultra SOL24とLG G flex LGL23がMNP一括0円!U25家族セット割で一括0円!

auから発売が予定されている2014年の春モデルスマートフォンであるXperia Z Ultra SOL24とLG G Flex LGL23ですが、この2機種がなんと発売前からMNP一括0円で売られている条件が出てきています。
もちろん発売日から正確に0円で売られるわけではありません。「条件付き」での0円になります。
今回はこのSOL24とLGL23のMNP一括0円の条件の紹介と、その契約方法について一つ方法を紹介したいとおもいます。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

2014年、スマートフォンを3円運用する方法はdocomoにあり!

スマートフォンを3円で持つ方法というのが一時期流行りました。
その当時はauが、MNPするだけでスマートフォンを契約した回線を3円で2年間寝かせられるというものでした。しかもこの時auはiPhone5をMNP一括0円で配っていたので、MNP弾を作ってauへMNPするだけで、iPhone5をタダでもらえて通信費も使わなければ2年間3円でいいというとてつもない投げ売り状況でした。
ですが、それも長くは続かずに2013年の8月を最後にauの3円維持は終わってしまいました。
その後は3円維持が可能なのはdocomoのみになりました。docomoの場合もMNPするだけで3円維持が可能ではあったのですが、その場合はauのように2年間ではなく1年間のみということでした。
そのため2年間3円維持というのは、単純な方法では持てなくなり、唯一月々サポートを使った2年間3円維持の方法が残されていただけです。これはただ単にMNPするだけで3円でもてるのとは違い、機種依存の月サポ額によって決まるので、万能ではありませんでした。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

今iPhone5cがとっても安い!一括0円で通信料も安くキャッシュバックも数万円レベル

iPhone 5cの価格がとんでもないことになっています。
廉価版として事前報道されてしまったせいか、それ程安くない市場価格に消費者の購買意欲が上がらなかったのか。それとも単純に安っぽさを感じる外観が人気がないのか。理由はともかく、iPhone 5cは生産減少を発売直後にされるなど、予想外に各国で売れていないようです。
日本でもiPhone 5sに比べると、5cの人気は正直なところ低いと言わざるを得ないでしょう。ネット上の購入報告を見ると、どこもiPhone 5sの購入報告ばかりで5cはそれほど見かけません。
こうした不人気の側面が強いiPhone 5cにたいして、日本の携帯会社はどのようにその大量の在庫をさばいていくのでしょうか。
その方法は、おなじみのキャッシュバックばらまきといういつも通りの方法のようです。
docomoもSoftBankもauも、全ての会社で今iPhone 5cをキャッシュバックと共に投げ売りしています。しかも、本体代が一括0円かつ毎月の通信料割引が2000円近く発生するため、恐ろしく安い運用費でも使えるようになるのです。
今iPhone 5cはスマートフォンを契約しようとした場合に、最も2年間のトータルコストを抑えられる格安スマホになっています。

以下ではそのiPhone 5cの投げ売り状況と、運用費についての考察を交えてみたいとおもいます。

まず各携帯会社のiPhone 5cの安売り状況をみてみましょう。残念ながら、新規と機種変更での購入では、まだ大きな安売りが始まっているわけではありません。安売りはMNPのみで発生しています。MNP一括0円という分割で本体代が発生しない完璧にタダな状態で、通信料の割引とキャッシュバックが発生する仕組みになっています。
会社によってその額がそれぞれ異なりますので、ここからは個別に見てみましょう。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

東海地方のエディオンでXperia Z1f SO-02FがMNP一括0円に!!

東海地方でdocomoの人気Android機種Xperia Z1f SO-02Eが一部の地域でMNP一括0円で発売されています。
Twitterでその模様が報告されています。
Xperia Z1fといえば、スマートフォンの売り上げランキングでiPhoneを抜いて2週間トップの位置に登った人気機種です。この機種がこのお正月のセールで大安売りされているようです。

TwitterではこのXperia Z1fがMNP一括0円で発売されるというチラシがアップされています。
お正月の特売の1つになるようです。場所は東海地方のエディオンのようです。エディオンは過去にもXperia ZをMNP一括0円で売っていた実績があります。今回もXperiaの安売りが東海地方で果たされたことになったと言っていいでしょう。

カテゴリー
オトクにMNP情報

auのブラックリスト入りの基準と解除期間の考察 90日以上120日未満で色々変わる

auでは2013年8月から短期解約を繰り返したユーザーに、短期的な契約拒否=ブラックリスト入りという基準を設けました。
これにより8月以降で、一部のユーザーはauの契約が出来なくなる状態になっていました。
こうした状況は11月下旬まで続いて、最近になってやっと短期的なブラックリストが解除されたユーザーが、再びauを契約し始めています。

今回はそうした中で判明した、auのブラックリスト入りへの基準と、解除されるまでの期間について分かっているところを解説してみようとおもいます。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

SoftBankのブラックリスト入りになる条件、あるいは審査基準

MNPでスマートフォンを安く買っていく中で、気になるのが各社のブラックリスト入りの条件です。
各社それぞれブラックリスト入りの基準を独自に設定しているので、それぞれに対応した行動を心がける必要があります。
今回はその中でSoftBankのブラックリスト入りの条件を考えてみていきたいとおもいます。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

のりかえサポートの解約金が発生する条件、発生しない条件

SoftBankがやっている「のりかえサポート」というキャンペーンを皆さんご存知でしょうか?
今SoftBankが展開しているキャンペーンの一つで、なんとMNPで契約してくれた方に、21000円分の還元をしてくれるというありがたいサービスです。
最近SoftBankのスマートフォンには、MNPで購入するとキャッシュバックが大量に貰えるという現象が発生していますが、その原動力ともなっているのがこのキャンペーンです。

のりかえサポートは「一括購入」の場合は21000円分の値引きやキャッシュバックを行い、「分割購入」の場合は、21000円分のポイントを毎月1000ポイントづつ配布してくれます。

さて、こののりかえサポートは、SoftBankのスマートフォンを安く買うためのキャンペーンとしてありがたい存在なのですが、実はいろいろと厳しい規約がつけられています。キャンペーンの適用を受けたあとに、特定の行動をしてしまうとのりかえサポートの特典の返還を求められるという規約になっています。
ですので、注意しないと、せっかく安くMNPで買えたのに、特定の行動をしたことで21000円分の値引き分をSoftBankに返さなければいけない、なんて事も起こってしまいます。
今回は、こののりかえサポートの解約金・違約金が発生する条件と発生しない条件を紹介していきたいとおもいます。MNPでSoftBankのスマートフォンを買ったけど、のりかえサポートが消えるのが怖くてどうしたらいいかわからないという方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

iPhone5sが安売り開始!SoftBank2万円、ドコモ1万円(条件あり)のMNP特価が登場中!

ついにiPhone5sが安売りをされだしてきています。さすがにMNP一括0円というのはまででてきていませんが、それでもこの時期にしては安すぎると言っていい値段で出ています。
3社から出てきたことによって、安売り競争は加熱し、iPhone5sという主力商品ですら、どんどん値下げしないと顧客を取れないようです。

特に一番焦って安売りしているのがSoftBankです。docomoが復活し、auも問題らしい問題が起きていないため、SoftBankの純増数は思ったように伸びていないようです。そのためか、現在SoftBankはAndroidスマートフォンに5〜6万円のキャシュバックをつけて現金をばらまいています。もちろんこれは一括0円の機種についてくるキャシュバックです。0円でしかもキャシュバックが6万円というのは驚異的な数字です。
こうしたSoftBankの安売りがついにiPhone5sにまで伸びてきました。iPhone5sは流石にまだキャシュバックは定価からですが、それでも5万円近いキャシュバックや値引きがされています。iPhone5sの16GBは定価68000円なので、5万円引きによって2万円以下で買えることになります。
もちろんキャシュバックはMNP限定なのですが、それでも安く購入できるようになっています。