カテゴリー
MVNOの評判まとめ スマートフォン

イオンのスマホはどこまで出来る?メリット・デメリットから評価してみた

大手販売流通事業者のイオンがスマートフォン事業にも参入してきました。

イオンの各店舗において、8000台限定ではあるものの、スマートフォンと格安SIMをセットにした格安スマホ「イオンのスマートフォン」を販売しています。
これまで5000円から8000円近くしてきたスマートフォンの料金を、定額で2980円/月という安さで使えるようにしています。しかもこの2980円には、本体代金も含まれての安さです。

従来のdocomoなどの携帯契約に比べると、明らかにその安さが際立ちますが、安いなりにいろいろと制限があるのも事実です。
この制限について正しく理解した上で利用しないと、安物買いの銭失いなんてことになりかねないのが今回の「イオンのスマホ」です。そこでここではイオンのスマホを買う前に、その安さの裏にあるメリット・デメリットを評価してみましょう。

 

メリット

わかりやすい料金

イオンのスマホが注目される点は、本体代+通信料の2項目だけというわかりやすいプランにあるとおもいます。docomoなどの契約は、本体代+基本料+通信料+割引サービス+オプションなどの様々な料金が絡んでいてわかりにくいです。これと比べればイオンのスマホの料金は単純明快と言えます。
このわかりやすい料金が、人気に火をつけているのでしょう。

本体代が24回分1420円と通信費1560円だけというのは、本当にわかりやすいプランだとおもいます。

セットのNexus4も悪いスマホじゃない

こうしたセットは、スマホ側が聞いたことも無いような変なスマホが多いのですが、このイオンのスマホで使われているのは、Nexus4というLG製でGoogleから出ているスマートフォンです。古いスマホではありますが、悪くないスマホです。
最新ゲームなどは厳しいですが、普通の使い方なら困ることはないスマホです。

料金のわかりやすさと、ちゃんとしたスマホを簡単に揃えられるというのはメリットだとおもいます。
ですが、一方でデメリットもあるために、そちらも把握しておきましょう。

デメリット

動画は見れない、重いサイトも不向き

イオンのスマホは、安い一方で「遅い」というデメリットがあります。
イオンのスマホの回線速度は、200kbpsです。この速度は、低速回線と言われる部類で、動画の視聴はほぼ不可能な速度です。動画のみならず、画像が5枚ぐらい貼られたデータが多い「重いサイト」も、全部の画像を見るのに数分待たなければいけない遅さです。
この200kbpsで普通に使えるのは、メールやLINE、Twitterぐらいのものです。あとは画像が少ないサイトです。
動画や重いサイトを見たい場合は、Wi-Fiなどの別の契約が必要になるかとおもいます。

スマホ代が高い

2980円/月のコスト表現は大きなインパクトです。ここに本体代も加わるとしたら安くおもうでしょう。
ですが、スマホ代をしっかり計算すると、2年間総計で3万4080円の支払いが必要になります。
イオンのスマホは解約金がかかりませんが、24ヶ月以内の解約には、残りの本体代を支払う必要があるので、途中解約でも3万4080円の支払いは絶対です。
2012年に発売された悪くはないですが今となっては平凡なスマホのNexus4に、3万4080円という価値は高すぎます。
5000円足して4万の予算があれば、GALAXY S4の白ロムやNexus4より性能のいいNexus5が買えてしまいます。こちらはどちらも、Nexus4よりも高性能なスマホですので、高いという印象は受けません。逆にNexus4は性能が普通なのに3万4080円は高いという印象です。

イオンのスマホは「制限はあるものの」コストが安いということで、コスト第一に考える方に訴えかけるスマホだとおもいます。ですが、「制限」というのがここでデメリットとして挙げてるように、速度的に使いづらく、実はスマホの価格は安くないというのがあります。
はっきりいえば、安く見えるけど買ってはいけない種類のスマホです。コストに惹かれる方もいるかとおもいますが、こうしたデメリットを理解した上でもう一度考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です