カテゴリー
お役立ちグッズ

本当に効くおすすめの蚊取り器具や蚊対策

暖かくなって過ごしやすい季節になってきましたが、それに伴い虫も活動を始めるようになってきました。
虫の中でも暖かくなってくる時に一番厄介なのが「蚊」です。血を吸うのに飽き足らず、かゆみと腫れを残していく厄介な虫です。
毎年のようにこの蚊に悩まされる方も多いとおもいますので、今回は「蚊」対策についていろいろな方法をご紹介したいとおもいます。

おすすめ蚊取り器具

まずは家に入ってくる蚊への対策です。
蚊への対策として最もポピュラーなのは、蚊取り器具の使用かとおもいます。「蚊取り線香」などはその最たるものでしょう。
ただその「蚊取り線香」やその他蚊取り器具には今、本当に様々な商品が出てきています。その中から効果があると評判の強い蚊取り器具をいくつか紹介しましょう。

カテゴリー
お役立ちグッズ 節約 美容

シャワーヘッドのおすすめは?マッサージ・節水・塩素除去の種類別に紹介

 

一日の終わり、皆さんどのようにリフレッシュ・リラックスしているでしょうか。
多くの方がそれぞれ独自のリフレッシュ・リラックス方法を持っているかとおもいますが、その中でもポピュラーなものの一つがバスタイムかとおもいます。
疲れた体で浴びるお風呂のお湯やシャワーの温かさは、誰もが気持ち良さを感じる体験かとおもいます。

今回は、このバスタイムをより快適にするためのアイテムを紹介しようとおもいます。
それは「シャワーヘッド」です。
実はお風呂場のシャワーヘッドやシャワーホースは簡単に付け替えることが可能なのです。
シャワーヘッドのタイプを選べば、気持ちいいバスタイムをさらに良いものにすることも出来るので、今回は用途別にシャワーヘッドのおすすめを紹介しようとおもいます。

カテゴリー
お得な知識 スマートフォン

docomoの「カケホーダイ」は電話を使わない人には値上げ

docomoの新プラン「カケホーダイ」が発表されましたが、この新プランの口コミ評価などを観察すると、「値下げ」というところもあったり、「値上げ」という評価を下しているところがあったりと、まったく真逆の評判が出てきています。
実際に今回の新プランが値下げなのか値上げなのかは、以前のプランと比較してしまえばはっきりするとおもいます。

今回はこの新プランと旧プランの比較を行い、新プランが値上げとなったのか値下げとなったのかを考えてみます。

カテゴリー
スマートフォン デジタル家電

投げ売りFJL22が白ロムでも2万円以下に!Wi-Fi用のauスマホ

高性能なスペックを持ったスマートフォンが驚くほどの低価格で白ロム化しています。
auで使える富士通製スマートフォンのFJL22が、白ロムとしては大特価と言える1万6000円近い激安価格になっています。
ここまで安いと何か秘密が、それも悪い意味での秘密が隠されているんじゃないかとおもう方もいるかもしれませんが、このスマートフォンは特に悪い部分というのは目立ちません。
それなのに白ロムが安くなっているというのは、2つの理由があります。

  • MNPでキャッシュバックのオマケになった。
  • auのSIMかWi-Fiでしか使えない。SIMロック解除できないため、格安SIMが使えない。

このような理由から、白ロムの市場に供給が溢れる一方で、格安SIMが使えないために需要が低いという状況になり、白ロム価格が異例の安さになっています。
格安SIMは使えませんが、WiMAXやイー・モバイルを契約している方、あるいは自宅のWi-Fiで使おうとしている方には、本当にオトクなWi-Fi専用スマートフォンになるとおもいます。

カテゴリー
MVNOの評判まとめ スマートフォン

イオンのスマホはどこまで出来る?メリット・デメリットから評価してみた

大手販売流通事業者のイオンがスマートフォン事業にも参入してきました。

イオンの各店舗において、8000台限定ではあるものの、スマートフォンと格安SIMをセットにした格安スマホ「イオンのスマートフォン」を販売しています。
これまで5000円から8000円近くしてきたスマートフォンの料金を、定額で2980円/月という安さで使えるようにしています。しかもこの2980円には、本体代金も含まれての安さです。

従来のdocomoなどの携帯契約に比べると、明らかにその安さが際立ちますが、安いなりにいろいろと制限があるのも事実です。
この制限について正しく理解した上で利用しないと、安物買いの銭失いなんてことになりかねないのが今回の「イオンのスマホ」です。そこでここではイオンのスマホを買う前に、その安さの裏にあるメリット・デメリットを評価してみましょう。

 

メリット

わかりやすい料金

イオンのスマホが注目される点は、本体代+通信料の2項目だけというわかりやすいプランにあるとおもいます。docomoなどの契約は、本体代+基本料+通信料+割引サービス+オプションなどの様々な料金が絡んでいてわかりにくいです。これと比べればイオンのスマホの料金は単純明快と言えます。
このわかりやすい料金が、人気に火をつけているのでしょう。

本体代が24回分1420円と通信費1560円だけというのは、本当にわかりやすいプランだとおもいます。

セットのNexus4も悪いスマホじゃない

こうしたセットは、スマホ側が聞いたことも無いような変なスマホが多いのですが、このイオンのスマホで使われているのは、Nexus4というLG製でGoogleから出ているスマートフォンです。古いスマホではありますが、悪くないスマホです。
最新ゲームなどは厳しいですが、普通の使い方なら困ることはないスマホです。

料金のわかりやすさと、ちゃんとしたスマホを簡単に揃えられるというのはメリットだとおもいます。
ですが、一方でデメリットもあるために、そちらも把握しておきましょう。