カテゴリー
お役立ちグッズ デジタル家電

Surface RT/Surface 2といったWindowsRT搭載タブレットの魅力について 口コミやレビューまとめ

今Surface 2/Surface pro 2の人気が日本において爆発しており、どこも在庫切れのところが多くなっているようです。
特にSurface 2は日本で現時点においても予想を超える売れ行きを達成しているようで、法人用に蓄えていた在庫を、個人向けの販売在庫へと回しても供給が追いつかなくなっているようです。
Surface 2はフルHDディスプレイを搭載した10.1インチの大画面タブレットでありながら、重さが焼約670gさらに値段が44800円と安くなっているところが人気の秘密と言えそうです。

ですが、Surface 2はSurface RTと呼ばれる端末の後継機で、OSが通常のWindowsではなく「Windows8.1RT」といったWindowsには酷似していながらも中身はそれとは違うOSを使用しています。
そのため、本来Windowsで使えるソフトが使えない場合が多数あります。
にもかかわらず品切れを起こすほどの人気になっているのは一体どうしてなのでしょうか。今回WindowsRTを搭載したSurface RT/Surface 2の魅力やその使い道について口コミを集めてみました。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

Xperia Z Ultra SOL24とLG G flex LGL23がMNP一括0円!U25家族セット割で一括0円!

auから発売が予定されている2014年の春モデルスマートフォンであるXperia Z Ultra SOL24とLG G Flex LGL23ですが、この2機種がなんと発売前からMNP一括0円で売られている条件が出てきています。
もちろん発売日から正確に0円で売られるわけではありません。「条件付き」での0円になります。
今回はこのSOL24とLGL23のMNP一括0円の条件の紹介と、その契約方法について一つ方法を紹介したいとおもいます。

カテゴリー
MVNOの評判まとめ スマートフォン

格安SIM「U-mobile*d」は過去最高級のコストパフォーマンスを見せる激安MVNO

U-NEXTが展開しているMVNO格安SIMサービス「U-mobile*d」。
MVNOサービスとしては始めて1GB分の無料高速通信量を1000円以下で提供した事業者です。
現在、安さだけをみるならどのMVNOサービスも敵わないコストパフォーマンスを実現している格安SIMです。

3GBまで高速通信が出来、料金がわずか1764円という安さを実現している「スタンダードプラン」。
1GBまでが714円、その後1GB超過分から3GBまでが2079円という2段階で料金が決まる「ダブルフィックスプラン」が用意されている。
こうした格安SIMの基幹サービスの他に、スマートフォンの電池持ちを良くするとされるSMS対応オプションを158円から、今後の展開予定としてクラウドサービスの拡充なども行うようです。

nanoSIMにも対応し、docomoから販売されたiPhone5sや5cの白ロムならば利用が可能になっています。

今回はこの業界トップのコストパフォーマンスを見せる「U-mobile*d」の口コミや評判といった使い勝手のレビューをネットから集めてみたので、契約の際の参考にしてみてください。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

2014年、スマートフォンを3円運用する方法はdocomoにあり!

スマートフォンを3円で持つ方法というのが一時期流行りました。
その当時はauが、MNPするだけでスマートフォンを契約した回線を3円で2年間寝かせられるというものでした。しかもこの時auはiPhone5をMNP一括0円で配っていたので、MNP弾を作ってauへMNPするだけで、iPhone5をタダでもらえて通信費も使わなければ2年間3円でいいというとてつもない投げ売り状況でした。
ですが、それも長くは続かずに2013年の8月を最後にauの3円維持は終わってしまいました。
その後は3円維持が可能なのはdocomoのみになりました。docomoの場合もMNPするだけで3円維持が可能ではあったのですが、その場合はauのように2年間ではなく1年間のみということでした。
そのため2年間3円維持というのは、単純な方法では持てなくなり、唯一月々サポートを使った2年間3円維持の方法が残されていただけです。これはただ単にMNPするだけで3円でもてるのとは違い、機種依存の月サポ額によって決まるので、万能ではありませんでした。

カテゴリー
MVNOの評判まとめ

1GBで980円+無料Wi-Fiスポット接続を実現した格安SIM「BIGLOBE 3G・LTE」の口コミや評判まとめ

格安SIMの様々なサービスが広がる中で、比較的古参の事業者であるBIGLOBEが開始しだした「BIGLOBE 3G・LTE」の口コミや評判について今回はまとめてみました。
980円のいわゆる格安SIMの標準的なプランにおいては、U-mobileとBIGLOBEの2社だけが、高速通信が無料で出来る容量を1GBにしてきたことで、そのコストパフォーマンスについて話題になっています。
また、BIC SIMが独占状態であった無料でWi-Fiスポットへの接続が可能なサービスも付随させるなど、遅れをとっている印象の強い格安SIMサービスのトップ争いに、巻き返しを図ろうとする意図が見える魅力的なサービス展開をしています。

IIJmioやOCNといった格安SIMサービスの2強ともいえる存在を猛追するBIGLOBEの「BIGLOBE 3G・LTE」についての契約の参考にしてみてください。

カテゴリー
スマートフォン デジタル家電

203SHは不具合の出ないWi-Fi専用スマホに最適? 白ロム価格が1万3000円以下でクアッドコア機としては異常な安さ

SoftBankから発売されていますSHARPのAQUOS PHONE 203SHというスマートフォンがあります。IGZOパネルを搭載した4.9インチのHD液晶画面は省電力を実現し電池持ちを良くし、CPUにはクアッドコアのSnapdragon S4を搭載、RAMも2GBと動作に負荷のかかるアプリを多重起動しても十分耐えるスペックを実現した高性能スマートフォンです。
実は現在、この203SHの白ロムスマートフォンが1万円前後という超低価格で販売されています。スペックを見ていただければわかるように、これだけのしっかりしたスペックを持ったスマートフォンが白ロムで1万円というのは破格といえる状況です。
SoftBankスマートフォンであるため、格安SIMの類は使えませんが、Wi-Fi運用ではとてもコスパのいいスマートフォンであると言えます。もちろんこれだけ安いのにもしっかりとした理由、特に不具合がらみの理由があるのですが、その不具合もしっかりと理解しておけば問題なく使えるレベルのスマートフォンと言えます。

今回はこの203SHというスマートフォンのネット上における評判や口コミをまとめてみたいと思います。購入の際に不具合等が気になる方もいらっしゃると思いますが、ぜひこれらの意見を聞いて不具合に関する正しい知識を持った上で白ロムの選別をしてみてください。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

今iPhone5cがとっても安い!一括0円で通信料も安くキャッシュバックも数万円レベル

iPhone 5cの価格がとんでもないことになっています。
廉価版として事前報道されてしまったせいか、それ程安くない市場価格に消費者の購買意欲が上がらなかったのか。それとも単純に安っぽさを感じる外観が人気がないのか。理由はともかく、iPhone 5cは生産減少を発売直後にされるなど、予想外に各国で売れていないようです。
日本でもiPhone 5sに比べると、5cの人気は正直なところ低いと言わざるを得ないでしょう。ネット上の購入報告を見ると、どこもiPhone 5sの購入報告ばかりで5cはそれほど見かけません。
こうした不人気の側面が強いiPhone 5cにたいして、日本の携帯会社はどのようにその大量の在庫をさばいていくのでしょうか。
その方法は、おなじみのキャッシュバックばらまきといういつも通りの方法のようです。
docomoもSoftBankもauも、全ての会社で今iPhone 5cをキャッシュバックと共に投げ売りしています。しかも、本体代が一括0円かつ毎月の通信料割引が2000円近く発生するため、恐ろしく安い運用費でも使えるようになるのです。
今iPhone 5cはスマートフォンを契約しようとした場合に、最も2年間のトータルコストを抑えられる格安スマホになっています。

以下ではそのiPhone 5cの投げ売り状況と、運用費についての考察を交えてみたいとおもいます。

まず各携帯会社のiPhone 5cの安売り状況をみてみましょう。残念ながら、新規と機種変更での購入では、まだ大きな安売りが始まっているわけではありません。安売りはMNPのみで発生しています。MNP一括0円という分割で本体代が発生しない完璧にタダな状態で、通信料の割引とキャッシュバックが発生する仕組みになっています。
会社によってその額がそれぞれ異なりますので、ここからは個別に見てみましょう。

カテゴリー
MVNOの評判まとめ スマートフォン

安定した通信が期待できる格安SIM「IIJmio」の評判や口コミまとめ

多くのMVNO事業者が参入している格安SIMサービスの世界。その中でも一際高評価を得ている事業者であるIIJが展開している格安SIMサービス「IIJmio」について今回はネット上の評判や口コミを集めてみたいと思います。
日本通信と共に格安SIMサービスを牽引してきたIIJmioですが、やはりその通信品質はその他のMVNO事業者に比べると高いというのがネット上の口コミから判断つきます。安定した通信回線を望む方にはこのIIJmioが一つの選択肢として十分考慮に値するものになるかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

・よその格安SIMに比べるとIIJのほうは変な罠みたいな規約も無いし、格安SIMを安心して契約したいならIIJが無難。初心者向けだと思うわ

 

・罠ってなんなの?そんな変な会社あるか?

 

・例えばUmobileは2段階制の通信プランで、通信量が超過すると自動で2段階の高いほうに移行しちゃったり、あと規制後の速度が128kbpsとかいいながら10kbpsも出ない通信会社もたまにいるから、そういう初心者が知らないプランの穴とか罠的な部分がないからIIJはいいよって思うのよ。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

東海地方のエディオンでXperia Z1f SO-02FがMNP一括0円に!!

東海地方でdocomoの人気Android機種Xperia Z1f SO-02Eが一部の地域でMNP一括0円で発売されています。
Twitterでその模様が報告されています。
Xperia Z1fといえば、スマートフォンの売り上げランキングでiPhoneを抜いて2週間トップの位置に登った人気機種です。この機種がこのお正月のセールで大安売りされているようです。

TwitterではこのXperia Z1fがMNP一括0円で発売されるというチラシがアップされています。
お正月の特売の1つになるようです。場所は東海地方のエディオンのようです。エディオンは過去にもXperia ZをMNP一括0円で売っていた実績があります。今回もXperiaの安売りが東海地方で果たされたことになったと言っていいでしょう。

カテゴリー
MVNOの評判まとめ スマートフォン

格安SIMの1つ、BIC SIMの評判やレビューを口コミから

ビックカメラで購入ができるMVNOサービスのBIC SIMの評判や口コミからのレビューを今回は紹介してみたいとおもいます。
多くのMVNOサービスが展開されている昨今のMVNOの格安SIM事情ですが、その中でも比較的目立った存在となっているのがBIC SIMカードです。
OCNや日本通信と共に、格安SIMサービスの中では評価の高いIIJmioのサービスを使ったビックカメラオリジナルのサービス展開をしています。

他のSIMサービスにはない特典機能が付けられたBIC SIMの評判や口コミを集めてみたので、ぜひ契約の参考にしてみてください。