カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

SoftBankのブラックリスト入りになる条件、あるいは審査基準

MNPでスマートフォンを安く買っていく中で、気になるのが各社のブラックリスト入りの条件です。
各社それぞれブラックリスト入りの基準を独自に設定しているので、それぞれに対応した行動を心がける必要があります。
今回はその中でSoftBankのブラックリスト入りの条件を考えてみていきたいとおもいます。

 

SoftBankは審査が複合的

SoftBankの場合、docomoのように6ヶ月、契約内容によっては3ヶ月維持すればいいというような単純なものではありません。どうやらSoftBankでは複数の審査基準を絡めてブラックリスト入りをさせるかどうかを判断しています。
ですので、例え維持している期間が2ヶ月でも、その他の審査基準で問題になければ、ブラックリスト入りを回避できる可能性のあるキャリアです。
ここでは、そのSoftBankのブラックリスト入りの審査基準となる判断材料を考えてみましょう。

 

維持期間

まずブラックリスト入りの基準となるのは維持期間です。よくネット上ではAndroidは半年、iPhoneは1年維持しないと総合判断(=BL)入りしてしまうと言われています。ですが、これは間違いです。先ほども説明したように、SoftBankの総合判断入りの基準は複数の要因が絡まっています。そのため、iPhone契約回線でも、2ヶ月で解約してもブラックリスト入りはしません。
もちろん維持期間が長ければ長いほど、総合判断入りの可能性は低くなるため、最低でも6ヶ月は寝かせておきたいところですが。

 

イレギュラー行動

もう一つブラックリスト入りの判断となっているのが、イレギュラー行動の頻度です。
イレギュラー行動とは、1ヶ月ごとに機種変更を同じ機種でしたり、みまもり化などの持ち込み機種変更といった、普通の人がやらないような行動をとると、総合判断入りの判断基準の一つに加えられてしまいます。
過去にSoftBankがiPhone4を機種変更で安くバラまいた時は、機種変更しかしていないのに総合判断になったという前例があります。普通の人がしないような契約上の行為を繰り返すと、それも一つの総合判断入りの基準としてみられます。

 

APRUの高さ

もう一つブラックリスト入りの基準として可能性が高いのは、APRUの高さです。
APRUとは、要は毎月いくらSoftBankにお金を落としているか、ということです。SoftBankにとって大事にしたい客は、毎月3円維持している人間よりも、毎月6000円フラットで使っている人間のほうです。
ですので、このAPRUもブラックリスト入りの基準として鑑みられている可能性が高いです。2ヶ月しか契約していない回線を解約しても、ブラックリスト入りしない原因としては、それまでフラット回線を使っていたなど、このAPRUが高かったことが原因の一つとして考えられます。

 

3要素から総合判断(ブラックリスト)判定

SoftBankの総合判断判定は、こうした3つの要素が複合的に絡み合って下されるものというのが、今一番有力な判断かとおもいます。
今回の基準で言えば、例えばみまもり化といった行動は、維持費を安くできるものの、SoftBank側にとってはAPRUが高くなく、行動としても通常の契約者とはかけ離れた行動であるため、短期解約をすると総合判断判定になりやすいと言えます。ですので、みまもり化した回線はなるべく長い間維持しておいたほうがいいでしょう。
3要素を絡めた中で、回線戦略を考えれば、フラット回線は機種変更用の回線にして半年程度でMNPしてしまってもよし、逆にみまもり化をして維持費用を抑えた回線は半年以上は確実に寝かしておきたい回線と言えます。
SoftBankのブラックリストが名立たる携帯古事記によっても判明されていないのは、こうした複合的な要素を合わせて審査しているからであると言えます。こうした要素を参考に、自分の中で安全だと思った時にMNPや解約をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です