カテゴリー
オトクにMNP情報

auのブラックリスト入りの基準と解除期間の考察 90日以上120日未満で色々変わる

auでは2013年8月から短期解約を繰り返したユーザーに、短期的な契約拒否=ブラックリスト入りという基準を設けました。
これにより8月以降で、一部のユーザーはauの契約が出来なくなる状態になっていました。
こうした状況は11月下旬まで続いて、最近になってやっと短期的なブラックリストが解除されたユーザーが、再びauを契約し始めています。

今回はそうした中で判明した、auのブラックリスト入りへの基準と、解除されるまでの期間について分かっているところを解説してみようとおもいます。

 

auのブラックリスト基準

auでブラックリスト入りしてしまう基準については、正確なものは判明していません。ですが、実体験としてある程度のことは語れますので、そちらを少し見て貰って判断して見てください。

2ヶ月、3ヶ月での短期解約はブラックリスト入りに

まず私の場合ですが、私の名義で回していた回線のほとんどが2ヶ月か3ヶ月程度で解約していました。
そうした状況で2013年8月を迎えた際は、見事auの短期ブラックリスト入りしてしまいました。
2ヶ月~3ヶ月程度では、ブラックリスト入りするというのは確実でしょう。これは私だけでなく、その他のブラックリスト入り経験者に共通する解約までの期間だとおもうので、解約までの期間がブラックリスト入りに関係しているのは間違いないでしょう。

一方で私の家族はブラックリストになっていません。私の家族の場合、4ヶ月前後を目安に回線を動かしています。一度契約から96日で解約した回線がありますが、それでも8月以降でも契約が出来ていました。

ここから考えるに、恐らくは90日を超える契約が一つのブラックリスト入りを避ける目安になるかとおもいます。
この基準を軸に、クレジットカード払いか口座払いかなどの別の基準を合わせて、ブラックリスト入りするかどうかを決めるものとおもわれます。

 

ブラックリストの解除までの期間

ブラックリストが解除されるまでの期間については、ネット上では120日と言われています。これについて、個人的な経験則から言わせて貰えば、合ってはいるが正確にはさらに短い期間で解除される、というのが私個人の経験から言えます。
私は8月の1日にauの回線をMNPし、10日過ぎに再度契約しようとして断られました。
そして再度契約が出来たのは、11月の中頃です。
これを見ると、120日未満でauへと開通がされているのがわかります。このことからauのブラックリスト解除までの期間は、120日という数字は近いものの、正確には90日~120日までの間に、既に喪があけて解除されていると考えていいでしょう。

まとめると

  • ブラックリスト入りするのは3ヶ月未満(90日未満)での解約がある場合

(さらに口座払いの場合はクレジットカードよりも審査が厳しそう)

  • ブラックリストの喪明け解除はブラックリスト入りしてから90日経過後のどこかのタイミング

ということになるとおもいます。
正確な基準についてはauが明かしていないため不明ではあるものの、こうした点を念頭において行動すれば、auのブラックリスト入りを避ける事が出来るとおもいますので、1つ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です