カテゴリー
スマートフォン デジタル家電

超お得な白ロムスマホ!MVNOのSIMが使えるSH-06Eが安い!

2013年11月現在、白ロムスマートフォン市場でかなりの注目を浴びている機種があります。
それが2013年5月に発売されたdocomoのシャープ製スマートフォン、AQUOS PHONE ZETA SH06Eです。
この機種、2013年の夏モデルとして発売された、ほぼ最新に近い高性能な機種なのですが、そのお値段が破格すぎます。なんとこれだけ新しい機種にも関わらず、白ロム価格が2万円台と安すぎる状況になっています。
値段の割には性能は最新スマホに引けをとらない高性能なモデルであるため、非常に高コスパな白ロムスマートフォンであると言えましょう。
今回はこのSH06Eの性能や気になる不具合、ネット上の口コミ等を交えて紹介して行きます。

 

・SH06Eって今年のスマホでしょ?なんでこんなに安いんだろ?
相当なんか性能に苦があるの?

・SH06Eは単純にご愛顧で投げ売りされたからでしょ。
転売屋に買われまくれって売られまくった。

・F02Eに比べたら圧倒的にSH06Eのほうがいいよ
同じ新しめの安い白ロムスマホだけど、安定感がSH06Eのほうが上
なによりも電池持ちがF02Eの5倍ぐらいあるからw

・それは単純にF02Eがクソ発熱スマホだからだろう
まあ動きも結構安定しているからSH06Eのあの安さ考えるとお買い得ではあるよな
イオンSIMとかの格安SIM使うのにちょうどいい

・この安さはMVNO向けだよな。
OCNやIIJと一緒に買って親にでもプレゼントするかな
年末まで待てばもう少し安くならんかな

・ぶっちゃけ今が一番安いと思うぞ
機種変更で安売りがもうない、キャッシュバックも2万円以上つく案件がほとんどない
って状態だから、白ロムが転売屋から流れてこない
だからこれからは徐々に高くなって行くと思う

・コスパ良さそうだけど不具合とかどうなのこれ?

・アップデートでマシになったけどタッチパネルの反応はあんまし良くないな
動作は普通。ガクガクではないから安心して大丈夫だとおもう
本体自体が少し重いのが残念なところかな

・普通に使う場合は問題ないな
タッチパネルは個体差あるからちゃんとした評価は難しいけど
2万円ちょっとで買えるスマホとしてはかなりいい機種でしょ

・2万円ならauあたりの高性能機種が色々でてるけどなぁ
まあこっちはMVNOのSIMが使える点でauの機種とはメリット上か

2万4000円で白ロム購入、OCNのSIMさして利用中。
タッチパネルは最初使った時と充電中にちょっと反応のにぶさを感じた。アップデート後は充電中のみにまだ精度が低く感じるくらいで、その他のときは気にならない。
動作はサクサク。まあストレスは感じないかな。最新のS800系のCPU積んだスマホ触った後だと気になる感じはあるけど、古いスマホしか触ったことない人なら満足できるレベルだね。
OCNのMVNOSIMも結構速度出るし、通信範囲とか全てひっくるめて不満はゼロ。
ちょっとゴツゴツした見た目は女性には不向きかもしれない。実際重いし。
2万ちょっとで買えるスマホとしては現状これ一択じゃないかな。

・国産スマホはいいものでも安く買えてしまうのが嬉しいやら悲しいやらってところだな。

AQUOS PHONE ZETA SH-06E docomo [Red]

やはりその2万円台で購入できる白ロムスマートフォンとしてのコスパの良さが評価されているようです。
不具合として広く認識されているのは、タッチパネルの精度の悪さです。特に初期ロットにこの問題が多く出てきていたようですが、アップデート後の機種ではそういった批判や不満が少なくなっており、対応はされているようです。
現在このスマートフォンの白ロムがここまで安い理由は、docomoが投げ売りをしている影響からですが、最近はその勢いも下火になっているため、そろそろ白ロム価格が上昇してきそうな気配になっています。
現時点では2万4000円ほどが相場になっていますが、つい最近までは2万2000円ほどでした。確実に値上がりの様相は出てきていますので、もし性能がよく価格も安めなMVNOのSIMが使える白ロムスマートフォンをお探しの方は、こちらを早めに購入しておくことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です