カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

1からわかるMNPで儲ける方法 HTL22キャッシュバック編

巷で話題の携帯キャリアによるMNPでの顧客獲得競争。docomoがiPhoneを扱ったことでその勢いはますます加速していっています。
このような状況の中で生まれたのが、キャッシュバック目当てで契約する、いわゆる携帯乞食という方々です。MNPによる過剰なキャッシュバック競争を利用し、儲けている方達が沢山います。
最近では色々と話題に上ることも多いため、こうしたことに興味を持つ方々も多いとおもいます。ですので、今回はそうした方々向けに、実際にMNPしたときにかかる費用と、キャッシュバック等を含めた利益を算出し、実際にどれだけ儲けることが出来るのかをシミュレーションしてみたいとおもいます。
これから携帯乞食を始めてみようと言う方は、このロールモデルを一つの参考にしてみてください。

カテゴリー
スマートフォン デジタル家電

超お得な白ロムスマホ!MVNOのSIMが使えるSH-06Eが安い!

2013年11月現在、白ロムスマートフォン市場でかなりの注目を浴びている機種があります。
それが2013年5月に発売されたdocomoのシャープ製スマートフォン、AQUOS PHONE ZETA SH06Eです。
この機種、2013年の夏モデルとして発売された、ほぼ最新に近い高性能な機種なのですが、そのお値段が破格すぎます。なんとこれだけ新しい機種にも関わらず、白ロム価格が2万円台と安すぎる状況になっています。
値段の割には性能は最新スマホに引けをとらない高性能なモデルであるため、非常に高コスパな白ロムスマートフォンであると言えましょう。
今回はこのSH06Eの性能や気になる不具合、ネット上の口コミ等を交えて紹介して行きます。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

Xperia Z1はau版がお得!MNP一括3万円以下に

docomoとauから発売されているXperia Z1について。
発売初週に、iPhoneを抑えて売り上げランキングのトップに出てきたXperia Z1ですが、家電量販店などをみると、確かにその人気は伝わってきます。
今回はXperia Z1を少しでも安く購入したい方に、最近のXperia Z1の販売価格を紹介したいとおもいます。

カテゴリー
オトクにMNP情報 スマートフォン

SoftBankスマホの203SHが一括0円+45000円近いキャッシュバック付きで超お得すぎると話題

11月現在で、最もキャッシュバックが高いスマートフォンを今回は紹介します。
それはSoftBankから発売されているスマートフォン、203SHです。
現在、このスマホに多額のキャッシュバックがついて売られています。その額は平均して40000円!
お店によっては45000円ぐらい出してくれる場合があります。コンテンツをつけると、1個につき1000円づつキャッシュバックをあげてくれるお店もあるようです。
この203SHの高額なキャッシュバックを、どれぐらいの費用をかけて購入できるのか、そしてどれくらいキャッシュバックの利益が得られるのかを紹介したいとおもいます。

カテゴリー
スマートフォン 節約

auのiPhone5cがMNP一括0円、キャッシュバック付きで安売り中

auのiPhone5cが11月1日からMNP一括0円、しかもキャッシュバック付きというとてもオトクな条件で販売されることがわかりました。
本来6万円近くするiPhone5cですがMNPつまりau以外の会社からののりかえにより、完全に0円となるほか、キャッシュバックとして1万円が貰えるようになるようです。
キャッシュバックの額はお店や条件によって異なりますが、平均的な額は1万円になります。

多くのお店でこのauのiPhone5cのMNP一括0円というのが出てきています。

カテゴリー
お得な知識 スマートフォン

auとSoftBankのMVNO 沖縄セルラー電話とディズニー・モバイルについて

docomoの回線を利用したMVNOサービスが最近は話題になっています。
特にその話題の中心となっているのは、格安でSIMサービスでしょう。docomoの広範囲に展開している通信網を借りて、速度が遅いながらも、月々の料金を1千円前後で済ませられるスマートフォン向けの格安SIMサービスが人気を集めています。
このMVNOによる格安SIMは今のところ、docomoでしか展開はしていません。WiMAXやEMOBILEもあるにはありますが、料金面では比較にならないでしょう。

ここで気になるのは、auやSoftBankでは、MVNOのサービスはしているのかということでしょう。安くauやSoftBankの回線を使えたらいいなぁと思う方も多いとおもいます。
結論から言わせてもらえば、残念ながらauやSoftBankではMVNOの格安SIMサービスは行われていません。
ですが一方で、格安SIM以外の形で実はauとSoftBankのMVNOを展開しています。これは通常の携帯契約と同じなのですが、うまく使うとMNP関連で非常に有効的ですので今回はその知識を紹介したいとおもいます。

カテゴリー
スマートフォン 豆知識

docomoのブラックリスト入り回避の基準 目安は6ヶ月以上の回線維持

最近は携帯乞食的な行動をすることがメジャーになってきています。
特にMNPを数ヶ月ごとおきに行い、スマートフォンを格安で購入したり、キャッシュバック付きの機種を購入して利益を出したりとする行動が、広く知られるようになりました。
こうした方法で、多くのスマートフォンを持っていたり、お金を稼いでいるという方が、Twitterやネット上には多く見られるようになっています。
そうした携帯乞食的行動をしようとする場合、気になるのはキャリアのブラックリストに入らないかどうかということです。キャリアのブラックリストはそのキャリア独自のブラックリストなため、クレカの作成などには影響がありませんが、新規で携帯購入する際に断られてしまったりと乞食行為で稼いでいた方には、ダメージの大きい措置です。
ですので、MNPで回線をキャリア間で行ったり来たりしている方は、回線をブラックリスト入りしないために、一定期間「寝かし」ています。

今回は、この「寝かし」の期間をどれくらいとれば、キャリアのブラックリストを回避できるかというのを解説したいとおもいます。今回対象となるのはdocomoの基準についてです。

カテゴリー
お得な知識 スマートフォン

docomoユーザーが2in1で最安MNPをする方法と費用 またブラックリストについて

docomoのFOMA回線向けのサービスに、2in1という電話番号をもう一つ持てるサービスがあります。
このサービスはガラケーのみで使用できるもので、メイン回線となるAナンバーと2in1で作った副回線となるBナンバーという2つの電話番号を、一つのガラケーにまとめて利用できるというサービスです。
このサービスは主に営業マンやホステスさんなどの接客業をしている方がよく利用しているのですが、実は携帯乞食と呼ばれる方々にも大変良く利用されているサービスです。
というのも、この2in1で作ったBナンバーは、なんとMNPが可能という特徴を持っています。しかも、ただMNP出来るだけでなく、MNP弾と呼ばれる回線の中では、最も安いMNP弾となっているのです。

今回はこの2in1のMNP弾としての利用方法と、ネット上の様々な意見を紹介してみたいとおもいます。

カテゴリー
お役立ちグッズ スマートフォン デジタル家電

MVNOの格安SIMが使えるdocomoのモバイルWi-Fiルーターのオススメは?

ここ最近、docomoの回線を使ったMVNOの格安SIMが盛り上がっています。
携帯キャリアの高額な通信費を払う必要がなく、低速ながらも十分利用できる速度でインターネットを格安に利用できます。
料金は490円から1980円前後で様々な種類のサービスが増えています。
その影響からか、MVNOの格安SIMが使えるdocomoの白ロムスマートフォンが白ロム市場で人気になっています。MVNOの格安SIMは残念ながらauやソフトバンクのスマートフォンでは利用できないからです。
といっても、auやSoftBankのスマートフォンで格安SIMを使いたいという方も一定以上いることかと思います。
そうした方は、docomoのモバイルWi-FiルーターにMVNOの格安SIMを組み合わせれば、Wi-Fi運用でauやSoftBankのスマートフォンを使うことが出来ます。

というわけで、今回はdocomoのモバイルWi-Fiルーターの中でオススメの機種をネット上の意見から探ってみたいとおもいます。
MVNOの格安SIMをルーター経由で使いたいという方、あるいはdocomoのデータ回線をルーター経由で使いたい方は参考にしてみてください

カテゴリー
お得な知識 スマートフォン 家電 豆知識

商品券やクレカの現金化、転売で確実に利益が出るのはKindle paperwhite!

ビックカメラやソフマップ、トイザらスなどで売られているAmazonのKindlepaperwhiteが転売屋たち、あるいはクレジットカードや商品券の現金化をおこないたい方々の「商材」として扱われているようです。
Amazon上におけるKindle paperwhiteの定価は以下のようになっています。

この定価はAmazon上でも家電量販店でも同価格です。AmazonのKindleシリーズはアップル製品のようにセール対象外となっているため、これが安くなるということはありません。基本はこの価格のままです。
現在一部の家電買取店において、このKindle paperwhiteは定価と同じ額、場合によっては定価よりも高く買い取られる状況になっています。そのため、安売りを狙わなくても、定価で買って転売しても儲かってしまうという状況が生まれています。