カテゴリー
お役立ちグッズ スマートフォン デジタル家電

スマホの放熱、冷却方法 発熱問題には放熱シートやアルミケースで対応

これから夏にかけて気になってくるのがスマートフォンやWi-Fiルーターの発熱に関する問題。機種によっては数分使っただけで持てなくなるほど熱くなったり、機能制限がかかってしまうことがあります。

こうしたスマホの発熱問題や冷却方法についてその対抗策を今回は紹介したいと思います。

スマホの熱対策ってなにかいい案無い?そろそろ外気の気温と合わせてやばそうな気配してるんだよなぁ。

 

単純
ARROWSを使わない

 

ARROWSwww
確かになw

 

ARROWS XとZシリーズの発熱はマジで洒落にならなかったな
指紋センサーで低温やけどっぽくなったわ
でもNXからかなり改善されてる

 

F-06EはCPU変えたからね
発熱の最大の原因だったTegraをようやく捨てて不具合も嘘みたいに減った
ただ路線変更が遅すぎてブランドイメージ最悪だけど

 

スマホの発熱予防対策の1つの結論
Tegra3採用スマホを買うな

 

Tegraをうまく使いこなしてるのはLGだけ
その他のメーカーは全部不具合まみれ

 

いや、そういう話題じゃなくて熱対策について語れや

 

防水スマホを買います

発熱します

水で冷やします
でおk

 

スマホの放熱方法として物理的に行える対策は多分今のところ2つだけ
・アルミ製のカバーで熱を分散
・放熱シート
この2つ
アルミ製のカバー自体で大きく放熱できるわけではないけど、熱をカバー全体に分散させるので極端に熱くなることはない
おそらく今もっとも効果的な方法は放熱シートを貼ること
放熱シートを本体もしくは発熱箇所に貼ることでだいぶ熱は軽減される
確かどっかのガジェットサイトが実験してたが、放熱シートを貼りつけたスマホは貼らないスマホより3℃ほど熱が低くなってた

 

3℃かぁ・・・。そのレベルだと実感できるかあやしいな。

 

まぁ3℃でも下がればバッテリーの寿命はちょっとは長持ちするんじゃないか。

 

放熱シートいいじゃん。オススメ教えてよ。

 

基本放熱シートは金属製の粒子が入ってるのがオススメ。効果はそっちのほうが高くなる
代表的なのがPC用の放熱シートである「まず貼る一番
これは薄くて好きなように切れる
スマホ用のでもいいけどこちらは切れるタイプが少ない

アイネックス まず貼る一番 ハイブリッド HT-02

新品価格
¥364から
(2013/7/4 20:33時点)

アルミ製のカバーって確か電波干渉?障害?だか起こして電波の入り悪くなるんだよね?
それなら放熱シートのほうがいいかな

 

そうそう、言い忘れてた
アルミ製カバーで電波が弱まるのはしょうがないんだけど、金属入りの放熱シートもアンテナ付近に貼ると電波が弱まる
だから発熱してる場所に張るに留めておかないとアルミカバー同様に電波に影響及ぼすかもしれない
基本的にアンテナ部分はスマホ上部の左右どちらかにあるからその辺を避けて貼って欲しい
スマホ用の放熱シートだと金属を入れてないから心配はいらないんだけど、その分効果も下がる

 

アンテナ付近に気をつければいいだけだろ?なら俺はまず貼る一番貼っとくかな

 

俺はアルミケースでいいや
バッテリー内蔵型だとシール貼る場所ないし

BEST FACE スマートフォン冷却シール ホワイト MABF-CL01WH

新品価格
¥453から
(2013/7/4 20:34時点)

まあニッチな分野で知識持ってる奴いるもんだなw
参考になったわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です