カテゴリー
カメラ デジタル家電

Wi-Fi対応コンデジ「Nikon COOLPIX S9500」のレビューや評価

 

ニコンから発売されている「COOLPIX S9500」

多機能な設定、撮影モードを備えたコンパクトなデジタルカメラ。Wi-Fiを利用した写真の転送機能や1800万画素以上の有効画素数を備え高画質な写真を映し出すことができる。

44倍ズームという超望遠にも対応し、あらゆる撮影シーンに対応できるスペックを備えている。ヴェルヴェッドレッドといった特徴的なカラーリングもラインナップにそろえておりファッション性にも優れている。

今回はこの「COOLPIX S9500」のネット上のレビューや評価を集めてみたので購入の参考にしてみて欲しい。

 

 

そろそろS9500の情報とか出てこないっすかね?

 

44倍ズームだっけ?S9300の後継ってことはしばらくすれば安くなりそうだし、現に今の価格でも安めだからこだわってる人で興味持つ人少なさそう

 

ミドルエンドのコンデジ買うならハイエンドコンデジ買ったほうがいいって考えの人多そうだもんな。確かに今欲しいって人は多くないだろうな。

 

性能面で考えるとS9300と特別大きな変化もないしマイナーチューニングって感じなのがなぁ。コスパ比べるとS9300買ったほうが使い捨てとしても優秀なコンデジだと思う。

 

でも望遠性能はこれ結構すごいと思うよ。雑誌の作例見る限りかなりのズーム力。光学ズームだからもちろん画質は劣化するけど、2Lぐらいの大きさなら耐えられる感じだった。

 

44倍ズームってコンデジレベルだとどうなるかってのはちょっと気になるな。
個人的には2万円代前半で買えるならS9500を他人に勧めたいわ。今の値段だとちょっとまだ早いかな。これなら型落ちでもハイエンドモデルのほうがいい。

 

手ぶれとか必要な機能はバッチリ揃ってるし、性能面でも結構いいレベルの内容なのになんでかそんなに人気ないよな。

 

だからさっきから出てるようにコスパが悪いんだよ。はっきりいって性能とかに全く文句はないしいいカメラだとは思うけど、似たような値段でセンサーサイズのデカいハイエンドモデルやもっと安い価格でそこそこの性能のミドルエンド買えちゃうんだもん。
もう少し安くならないとニコンオタ以外は買う理由が思いつかないというのが正直なところ。

 

よく知らないけどこれ赤色が人気なんだろ?

 

メタリックレッドは確かに目を引くね。綺麗な赤でシャア専用っぽい。ちょっと目立ちすぎるところが気にならなければあれは色買いしてもいいレベル。

 

あの赤い機体はプレミアでそうな感じがするね。

 

ヴェルヴェットレッドの色合いは素晴らしい。
性能自体も3万以下モデルにしては高性能の部類でしょ。
動画撮影もフルHD対応してるし。
普通に買いな機種だと思う。

 

とりあえず一週間使ってみたけど、ちょっと最近の機種としてはカードへの書き込み速度や読み込み速度が遅いかなぁ。
パパパッと写真見たい時とかにストレスを感じる時がある。
あとは細かい設定ができるモードが少ない。シーン別モードは充実してるんだがな。だからどっちかっていうとカメラヲタ向けじゃないかもなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です