カテゴリー
仕事術 豆知識

仕事を辞める前に知っておきたいこと

不況の影はいつ何時あなたを覆うとも限りません。

なんらかの事情で会社をやめなければいけなくなった時に、退職までにしておいたほうがいいこと、知っておくべきことを紹介しましょう

クレジットカードや信用情報にかかわる事柄を済ませておく

クレジットカードなどの信用情報がかかわってくる案件の場合、退職前に済ませておくことが大事です。次の会社に入るまで、あるいはフリーランス状態になるなど、世間的に無職・失業者に近い状態ではクレジットカードの作成などはできません。必要であるならば退職前にこうした信用情報と関わる事柄の作業を済ませておきましょう

 

やめるならボーナスを貰える条件を満たしてから

会社によってボーナス支給条件は異なります。ボーナスが貰える条件を確認した上で退職プランを考えましょう。

 

月末の退職はダメ

健康保険は退職した翌日まで資格があります。そのため月末に辞めると月をまたいで翌月の1日まで健康保険の資格を有することになり、1ヶ月余分に保険料を支払わないといけなくなります。

 

自己退職で失業保険を貰える条件と日数

まず失業保険をもらうには、条件として離職前の2年間で月に11日以上働いたことがある月が12ヶ月以上必要だ。そしてこの条件を満たした上で3ヶ月と1週間後に保険が支給されるのだ

この3ヶ月の制限を回避し、すぐに保険を受け取れる場合がある。その条件をいくつか紹介しておこう

・病気で退職

病気が原因で前職を退職した場合、病院からの証明書などがあれば即座に失業保険が給付される場合があります

・超過残業をしてた

国が定める1ヶ月の残業時間を超えて働いていた場合は失業保険が即座に給付されます。この時時間外扱いなどをされていない場合はタイムカードや出勤簿などをコピーした証拠を提出する必要があるので、準備しておきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です