再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

   

iPhone5sのMNP一括0円。
この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。docomoではしていないのが残念ですが、2つのキャリアで再開したのは朗報だとおもいます。

このiPhone5sのMNP一括0円について、では一体どちらで契約したほうがよりオトクな契約になるのか、ということを今回は調べてみたいとおもいます。
今までのiPhone5sの契約は、横並びであったことが多かったですが、今回のSoftBankとauでは同じMNP一括0円ですが契約の内容は全く違います。

この違いについて比較してみて、どちらの契約の方にメリットが多いのかを紐解いていきます。

契約の違い

その1:毎月割/月月割が違い、毎月の料金が全然違う

契約の違いその1ですが、毎月割と月月割が全然違います。
auだと定価が5万5000円ぐらいになって、毎月割が1395円です。(16GBの場合)
SoftBankだと定価に変更はありませんが、キャンペーン適用でMNP一括0円になっているので、月月割が810円になっています。
SoftBankは一括0円じゃなければ、月月割は2900円ぐらいにはなります。その分高い本体価格になるとおもいます。

毎月割/月月割が違うということは、毎月の料金も違います。それぞれの料金は以下のようになります。

au

  • 電話かけ放題:2916円
  • LTEネット:324円
  • データ2:3780円
  • 毎月割:1395円
  • 合計:5625円

SoftBank

  • スマ放題:2916円
  • Sベ:324円
  • データ2:3780円
  • 月月割:810円
  • 合計:6210円

 

その2:契約についての条件が違う

auはほぼ条件なし

iPhone5sのMNP一括0円で契約するにはいろいろな条件があります。キャリアからの条件だったり、お店からの条件だったりします。
auの場合、お店からの条件は結構いろいろなものを指定されることが多いですが、キャリアからの条件みたいなものはほとんどありません。

SoftBankは契約期間によって解約金が上がる

逆にSoftBankの場合はキャリアからの一括0円にする条件のようなものがあります。
先ほどの月月割が810円になるというのも、一括購入割引というキャンペーンを使って一括0円にしているからです。
条件として月月割が下がる代わりに、MNP一括0円で契約できるというキャンペーンが使われています。

もう一つ、MNP一括0円で契約できる代わりに、最低でも6ヶ月間は継続利用しなければならないという条件もあります。
というのは、今回のiPhone5sMNP一括0円は、この契約に限って契約してから6ヶ月の期間に限り、解約金が上がるというキャンペーンがとられています。
キャンペーンの解除金は19440円で、解約だけでなくパケット定額のコースを解除してもかかります。解約をした場合は19440円+10260円の解約金がかかります。

こういう条件が契約時にはついてきます。

 

その3:最低維持費が違う

最低維持費もそれぞれ違います。
今回はMNP一括0円なので、iPhone5sを0円で貰って回線は最低維持をし、Wi-Fi通信で使いたいという考えをする方もいらっしゃるでしょう。
そうした場合の料金を計算してみます。

auの場合

auの場合は、新プランだと最低維持費が高くなります。なぜならパケット定額のコースを解除出来ないからです。
ですので、最初に計算した料金が、新プランでの最低維持費も兼ねます。

ですが、旧プランに変更すると、最低維持費はかなり安くなります。
1008円のプランだけで契約を維持できるので、最低維持費はこれだけになります。

auで最低維持をする場合は、旧プランに変更しましょう。

SoftBankの場合

SoftBankでは契約の条件があることを書きましたが、これが影響して最低維持費はそれほど安くなりません。
最初の6ヶ月は必ずパケット定額のコースへの加入が必要なので、最低維持はできなくなっています。
7ヶ月目以降から、スマ放題と接続サービスの3240円が最低維持費になるとおもいます。

 

結論:いろいろな契約や使い方をするならauのほうがいい

iPhone5s自体には、SoftBankとauで性能に差があるわけではないので、違いはありません。
ですが、契約の条件やキャンペーンの差異がありますので、同じMNP一括0円でも、契約には大きな違いがあります。

ここまでの比較をまとめてみると

  • 毎月割が高い
  • 特に契約条件がきびしくはない
  • 最低維持費も安い

という理由で、auのiPhone5sのMNP一括0円のほうを優先して契約したほうがいいでしょう。
auの契約ならば、特にペナルティなしで契約の切り替えが出来るので、使い方に合った契約を結ぶことができます。

 -オトクにMNP情報, お得な知識, スマートフォン, 節約

  関連記事

ノートPCや液晶テレビなどの型落ち家電を最も安く買えるタイミングを見抜く方法

  デジタル家電の多くは、次の新製品の発売がされる時点で、旧型製品の生産を終了され市場から

格安SIM向けにコスパの良いオススメの白ロムスマホ docomo編

  現在、非常に安い月額料金でネットが可能なMVNOの格安SIMが流行っています。 昔は月

203SHは不具合の出ないWi-Fi専用スマホに最適? 白ロム価格が1万3000円以下でクアッドコア機としては異常な安さ

SoftBankから発売されていますSHARPのAQUOS PHONE 203SHというスマートフォ

ワイモバイルの評判や口コミ評価についてのまとめ

イー・モバイルとウィルコムがワイモバイルとして新たに活動をし始めています。 元々はSoftBankの

U-mobile*dの格安スマホ(ヤマダ電機のYAMADAスマホ)についての評判や口コミ評価についてのまとめ

格安スマホの話題の中で、新たに台頭してきたブランドがあります。 U-NEXTが運営するU-mobil

1万円以下、2万円以下で買えるWi-Fi運用向けの白ロムスマートフォンのオススメ

これまではdocomoやauといったキャリア別の白ロムスマートフォンのオススメを紹介してきましたが、

キャシング

ATM引き出し手数料によってはキャシングのほうがお得!? その理由について

キャッシングによる現金借り入れは、どのカードを使用しても年利が18%と非常に高額な金利なので、使いた

投げ売りFJL22が白ロムでも2万円以下に!Wi-Fi用のauスマホ

高性能なスペックを持ったスマートフォンが驚くほどの低価格で白ロム化しています。 auで使える富士通製

docomoでも使えるXperia Z Ultraの白ロムが6万円 本体、カバーや保護ガラスの口コミや評判まとめ

auから発売されているXperia Z Ultra SOL24ですが、現在このスマートフォンは、海外

東海地方のエディオンでXperia Z1f SO-02FがMNP一括0円に!!

東海地方でdocomoの人気Android機種Xperia Z1f SO-02Eが一部の地域でMNP

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ZTE Blade Vec 4Gとそれを使った格安スマホについての評判や口コミ評価についてのまとめ

イオンスマホから始まった格安スマホブームは現在成熟期を迎えているような気がします。 一時期は粗製乱造

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」についての評判や口コミ評価についてのまとめ

今、とあるMVNOの格安SIMが話題になっています。 それはぷららモバイルというところから発売がされ

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

U-mobile*dの格安スマホ(ヤマダ電機のYAMADAスマホ)についての評判や口コミ評価についてのまとめ

格安スマホの話題の中で、新たに台頭してきたブランドがあります。 U-NEXTが運営するU-mobil