格安スマホに使われるG2 miniってどんなスマホ?海外の口コミレビューを紹介

   

Amazonが格安スマホに参入するというニュースが流れてきています。
日本通信の格安SIMとLGのSIMフリースマートフォンをセットにして提供するそうです。月額料金は本体代金の24回払いを含めて月2980円。端末代抜きだと1580円となります。

今回注目されているのは、セットとなるSIMフリースマホ「LG G2 mini」というスマートフォンです。
「LG G2 mini」はまだサービス提供開始前ではありますが、すでにBIGLOBEの格安スマホセットとして提供される端末であると発表されています。
今回は格安スマホに使われることになった「LG G2 mini」について、レビューは出来ませんが海外などでどのような評価がされているのかやスペック情報について紹介したいとおもいます。

G2 miniのスペック

LG G2 miniの国際版のスペックです。日本版はもしかしたら仕様変更の可能性もあるかもしれませんが、ほぼこれと変わりは無いはずです。

OS ver Android 4.4
CPU Snapdragon 400
RAM 1GB
ディスプレイ 4.7インチ qHD(960×540)IPS
バッテリー 2370mAh
重さ 121g

3G・LTE Bandはdocomoの周波数に対応しているものが多いようです。
CPUにSnapdragon400を使っています。S400はこの価格帯のミドル〜ローエンドモデルのスマートフォンによく使われているCPUです。MotoXやZenPhone5などの低価格スマホで使われています。
S400を使っているその他のスマートフォン端末は、低価格な割によく動くという評判のあるスマホが揃っています。ここから推測するにG2 miniもその動きには一定の快適度はあるかとおもわれます。
解像度は低めのqHD(960×540)です。この端末サイズならもう一段解像度が高くないと文字が読みにくいかもしれません。その分CPUへの負荷がないため、動きは良くなるでしょう。
RAMは1GBです。これは格安スマホとしては褒めるべきポイントでしょうか。

G2 miniの評判・口コミ

G2 miniはまだ国内では正式には販売されていません。そのため、すでに発売しており口コミやレビューの集まっている海外からその評判を集めてみました。

  • 安くて動きもいい。これだけで全てにおいて満足できる

 

  • キャリアのセルフォンとして登場してないのが驚くぐらいよくできたスマートフォン。この価格で満足しない人はいない出来。

 

  • とても軽くてほどよい大画面。ベゼルも狭くて非常に見た目のバランスがいい。Android4.4(Kit Kat)と最新のソフトウェアが使えるのもとてもうれしい。最新の機械にそれほど欲求を満たされなくなった年寄りには、必要な機能が揃っているだけのこのスマートフォンで十分だ

 

  • 解像度の低さは少し気になるところ。文字のフォントが全体的に汚く感じる。せっかくの大画面が解像度で損をしている気がするね。ただそれ以外はこの価格にしたらベストに近い性能だと思うよ。スムーズにスクロールすることができて、発熱することなく長時間使えるからね。画面を2度押すだけで電源がつくノックコードもいい機能だ。

 

  • 自分用に使おうとは思えなかった。特に解像度が低いから文字を読んでいくのに疲れてしまうから。でも電話やメールとSNSなどのネットを少ししかしない家族にはおすすめできると思ったから買ったよ。本人もトラブルなく使えているようだ。

 

  • 基本的な操作(メールや電話とシンプルなWeb閲覧)しかしないのであれば、このスマートフォンは価格も使いやすさもちょうどいいバランスになっている。親世代のスマホとして渡すのもいいし、スペック競争に飽きた消費者が最後にたどり着く使えればいいスマホかもしれない。何より値段なりに使えることができて、値段以上にしっかり動くから、目的をもって購入すればそれを満たしてくれるはずだ。

 

  • 安いからどれだけ酷い部分が出てきてしまうのか心配したけど、全くの杞憂だった。スムーズな操作ができてバッテリーも家に着くまで気にすることもない。解像度は低いかもしれないけど、熱心に画面を見る人間じゃないからどうでもよい問題だ。スマートフォンに大した機能を求めてないからこれぐらいが値段的にも携帯電話として持つには十分かな。

海外では3万円から2万5000円とAmazonが今回発売時につけた3万5000円という価格よりも安いこともあり、コストパフォーマンスの良さを指摘している声が多数みることができました。
性能や使い心地のレビューを見ていくと、解像度の低さにはいくつか不満も表れていましたが、安いなりにサクサク動くということで全体的には高評価が多いのがわかります。複雑な操作(ゲームや重めのアプリ)を使わないようだったら、必要十分な操作性が得られるようです。
ただ日本だと1万円ほど高い価格になるので、それを考えてコスパが良くなるかというのは微妙かもしれません。

海外からのレビューではミドルエンドの価格帯にしてはよく動くというのがもっぱらです。端末の性能には問題ないでしょう。
あとは解像度の低さが漢字文化の日本の環境ではどうなるか、3万5000円という微妙すぎる価格もちょっと購入を迷わせる要素です。
G2 mini自体はいいスマホのようなので、あとは使い方と料金が自分にとって適正かどうかで購入を決めるようにするといいでしょう。

 -スマートフォン, デジタル家電

  関連記事

コンデジ並みのコンパクトミラーレス一眼カメラ「LUMIX GX1」の評価やレビュー

  Panasonicから発売されている高性能ミラーレス一眼カメラ「LUMIX DMC-G

商品券やクレカの現金化、転売で確実に利益が出るのはKindle paperwhite!

ビックカメラやソフマップ、トイザらスなどで売られているAmazonのKindlepaperwhite

Surface RT/Surface 2といったWindowsRT搭載タブレットの魅力について 口コミやレビューまとめ

今Surface 2/Surface pro 2の人気が日本において爆発しており、どこも在庫切れのと

1からわかるMNPで儲ける方法 HTL22キャッシュバック編

巷で話題の携帯キャリアによるMNPでの顧客獲得競争。docomoがiPhoneを扱ったことでその勢い

格安SIM「U-mobile*d」は過去最高級のコストパフォーマンスを見せる激安MVNO

U-NEXTが展開しているMVNO格安SIMサービス「U-mobile*d」。 MVNOサービスとし

3円スマホの作り方【docomo編】

スマートフォンのお得な運用方法として、良く話題に上がるのが、3円維持あるいは3円維持運用という方法で

東海地方のエディオンでXperia Z1f SO-02FがMNP一括0円に!!

東海地方でdocomoの人気Android機種Xperia Z1f SO-02Eが一部の地域でMNP

高性能高機能、WQHDの解像度を備えたコスパ最高の液晶モニター「U2713HM」の評判やレビュー

デルから発売されている27インチハイエンドシリーズの新作「U2713HM」 27インチでWQHD(2

auの維持費(最低維持費、パケットフラットプランの維持費)について

auのLTEスマートフォンを契約した際に、一体どれだけの費用がかかるかを今回様々なパターンで計算して

WUXGAでコスパ最高の液晶ディスプレイ「PA248Q」のレビューや評判

今回はASUSのPA248Qのレビューについて集めてみた。 解像度1920×1200、24

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ZTE Blade Vec 4Gとそれを使った格安スマホについての評判や口コミ評価についてのまとめ

イオンスマホから始まった格安スマホブームは現在成熟期を迎えているような気がします。 一時期は粗製乱造

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」についての評判や口コミ評価についてのまとめ

今、とあるMVNOの格安SIMが話題になっています。 それはぷららモバイルというところから発売がされ

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

U-mobile*dの格安スマホ(ヤマダ電機のYAMADAスマホ)についての評判や口コミ評価についてのまとめ

格安スマホの話題の中で、新たに台頭してきたブランドがあります。 U-NEXTが運営するU-mobil