WiMAX2+の現金キャッシュバックやキャンペーンなどの各社特典まとめ

   

既存のHWD14に加えWiMAX2+に対応したモバイルWi-FiルーターのNAD11が発表され、いよいよWiMAX2+のサービスが本格的に始動し始めた感が出てきました。

よく心配事として言われるWiMAX2の通信制限については、特殊な通信操作や契約から一定期間内は発生しないため、実はほとんど気にしなくても大丈夫です。
そもそもWiMAX2+にはWiMAX契約も含まれており、こちらで通信しておけば従来通り通信制限無しで使い続けることが出来ます。
そのため、WiMAXを現在使用している場合は、のりかえ先としてWiMAX2+の契約をするのも選択の一つだとおもいます。イーモバイルではつい最近通信制限が始まったので、イーモバイルからの乗り換えというのもありかとおもいます。

そこで今回は、WiMAX2+の契約について、キャンペーン特典の比較をしてみました。

@niftyは1万4000円キャッシュバック

長く使う予定で、最も特典の自由度の高いキャンペーン特典は、@niftyで行っている1万4000円キャッシュバック特典です。

昔のWiMAX特典は多くのキャッシュバック特典がありましたが、WiMAX2+への移行期ということもあり、今では本当に少なくなってしまいました。キャッシュバック特典の額も減ってしまいましたし、タブレットなどの現物特典に切り替えるところも多くなっています。

そんな中で@niftyが始めているWiMAX2+向けのキャンペーンでは、久々となる高額現金キャッシュバック特典が生まれています。
現金キャッシュバックなので、毎月の通信料に充てるなど自由な使い方が出来ます。モバイルWi-Fiルーターさえあれば良く、すでに通信予定端末を持っている方は最もいいキャンペーン特典と言えます。
選択肢としてはこの契約が最も良いはずです。

@niftyのNexus7セット

WiMAX2+で接続する端末を所有していない方、あるいは7インチタブレットが欲しい方には@niftyのNexus7セットもいいかもしれません。
現金キャッシュバックとしての特典はつきませんが、1万4000円以上で売られているNexus7が2年縛り前提で無料となるため、現物的な特典としてはキャッシュバック金額よりも還元額は高くなっています。

Nexus7は1年前のタブレットですが、スペック的には今でも十分に通用する存在かとおもいます。7インチタブレットでハイスペック級の端末が、現在ほとんど出てきておらず中国の安いミドルスペック端末ばかりなので、しっかりとしたいいスペックの7インチタブレットだとこれが今でも現役と言えます。

2年間契約が前提で0円で貰えますが、途中で解約してしまうとWiMAX2+の解約金だけでなくタブレットの違約金も支払う必要があります。
ですので、頻繁に新しいサービスに乗り換えたりするような方には合っていない特典です。
通信環境とタブレットを通常よりも安く手に入れたい方にはいいとおもいますが。

BIGLOBEのタブレットセット

Nexus7以外にもタブレットセットを提供しているのがBIGLOBEです。
キャンペーン特典内容のほとんどは、今回@niftyの一人勝ちと言える状況なのですが、それに何とか対抗しているのがBIGLOBEです。

BIGLOBEではキャッシュバックキャンペーンはやっておらず、タブレットを2年縛りで0円提供する特典を用意しています。
タブレットは2種類で、価値の高いほうである「Kindle fire HD」は2年以内の違約金が00円と高額に設定されています。「Kindle Paperwhite」のほうは00円と違約金が低めです。タブレットとしては圧倒的にNexus7のほうが使いやすいので、BIGLOBEの契約は魅力が薄いのですが、Amazonの電子書籍を利用したいという方にはありかもしれません。

一応キャッシュバックがこのタブレットの他に5000円分貰えます。それと一緒に考えると、@niftyのキャンペーンが終了した場合に契約するのがいいかもしれません。

So-netのポイント還元

So-netでもWiMAX2+のキャンペーンをしていて、それが結構面白いです。
So-netはタブレットかポイントによる還元です。タブレットはASUS Memo Pad HDです。タブレットで比較するとNexus7ほどではないので、タブレット目当てで契約するなら別のものがいいとおもいます。
So-netポイント特典ですが、これが面白いです。So-netポイントが20000ポイント貰えるという特典を用意しています。So-netポイントはいろいろな使い方ができるので、そこそこ有用です。

例えばau WALLETのポイントと交換することが出来たり、1ヶ月分の通信費をタダにすることが出来ます。
WiMAX2+ですと2万ポイントが手に入るので、多彩な使い方が出来るでしょう。通信費への割引もまずは4ヶ月分を最初のポイントで無料にすることができ、その後数ヶ月ポイントを貯めておけば、もう1ヶ月分無料にすることができます。

どれがお勧めか

この中ででは一体特典目当てでどれを契約すればいいのか、それを今回は独自にお勧めを決めたいとおもいます。

まず一番いいのは現金キャッシュバックの@niftyでしょう。現金で還元してくれれば好きなタブレットでもスマートフォンの白ロムでも買うことが出来ます。
タブレット特典もNexus7なので、いいものを契約したい場合にお勧めです。

その次はSo-netのポイント還元特典です。ポイントの使い道は山ほどあるので、人によっては使いやすい特典かもしれません。単純に4ヶ月+1ヶ月分の通信費が無料になるため、1万7000円ほどの通信費を節約することが出来ます。

というわけで最も契約すべきが@nifty!

次点でSo-net!ということになります。

もちろんBIGLOBE WiMAX 2+もいい内容です。Kindle paperwhiteを選び、それが売却可能であれば1万1000円で売れるので、現金キャッシュバックとして1万6000円が手に入るという考え方も出来ますが、やり方をわかっている方以外にはちょっとめんどくさいので、あえて3位という感じです。

WiMAX2+は今回NAD11という端末が出てきて、HWD14しか選べなかった状態は解消されました。HWD14はちょっと評判が悪いので、契約するならばNAD11で行われているキャンペーンを契約しましょう。

 -MVNOの評判まとめ, お得な知識, スマートフォン

  関連記事

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

docomoでも使えるXperia Z Ultraの白ロムが6万円 本体、カバーや保護ガラスの口コミや評判まとめ

auから発売されているXperia Z Ultra SOL24ですが、現在このスマートフォンは、海外

au MVNOのmineoのメリットや注意点、口コミ評価について

待望とも言えるauのMVNOが登場します。 auのスマートフォンを使って格安SIMを利用できるチャン

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」についての評判や口コミ評価についてのまとめ

今、とあるMVNOの格安SIMが話題になっています。 それはぷららモバイルというところから発売がされ

203SHは不具合の出ないWi-Fi専用スマホに最適? 白ロム価格が1万3000円以下でクアッドコア機としては異常な安さ

SoftBankから発売されていますSHARPのAQUOS PHONE 203SHというスマートフォ

docomoの「カケホーダイ」は電話を使わない人には値上げ

docomoの新プラン「カケホーダイ」が発表されましたが、この新プランの口コミ評価などを観察すると、

オススメの格安SIM提供MVNO会社

  docomoから発売されているスマートフォンに差すだけで平均980円でネットへの接続が

1万円以下、2万円以下で買えるWi-Fi運用向けの白ロムスマートフォンのオススメ

これまではdocomoやauといったキャリア別の白ロムスマートフォンのオススメを紹介してきましたが、

auとSoftBankのMVNO 沖縄セルラー電話とディズニー・モバイルについて

docomoの回線を利用したMVNOサービスが最近は話題になっています。 特にその話題の中心となって

SoftBankスマホの203SHが一括0円+45000円近いキャッシュバック付きで超お得すぎると話題

11月現在で、最もキャッシュバックが高いスマートフォンを今回は紹介します。 それはSoftBankか

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ZTE Blade Vec 4Gとそれを使った格安スマホについての評判や口コミ評価についてのまとめ

イオンスマホから始まった格安スマホブームは現在成熟期を迎えているような気がします。 一時期は粗製乱造

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」についての評判や口コミ評価についてのまとめ

今、とあるMVNOの格安SIMが話題になっています。 それはぷららモバイルというところから発売がされ

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

U-mobile*dの格安スマホ(ヤマダ電機のYAMADAスマホ)についての評判や口コミ評価についてのまとめ

格安スマホの話題の中で、新たに台頭してきたブランドがあります。 U-NEXTが運営するU-mobil