au MVNOのmineoのメリットや注意点、口コミ評価について

   

待望とも言えるauのMVNOが登場します。
auのスマートフォンを使って格安SIMを利用できるチャンスが訪れました。
auではLG製品やHTC製品でオリジナルモデルやハイエンドモデルを提供しているため、docomoスマートフォンにはない端末が揃っていて魅力のあるキャリアです。

従来では内部のソフトウェアの書き換えなどを行わないとauから発売されたHTCスマホなどは格安SIMで使うことはできませんでした。
ですがついにau回線を使ったMVNOが登場したことで、ソフトウェアの改造などを行わなくても普通に使えるようになります。

今回はauのMVNOとして初となる格安SIM、「mineo」のサービスについて、ネット上の口コミなどを交えて紹介したいとおもいます。

 

注目すべきいいところ

まずはこの「mineo」のいいところ、サービス面でのメリットに関することです。

1GBで980円

まずmineoの料金プランです。

mineoが開始時に提供する予定の料金プランは、残念ながら1つの基本的なプランのみです。
ですがこの1つのプランのみでも、充分使いやすいサービス内容になっています。

プランは980円からなるデータ通信用のものが用意されています。
これまでdocomo回線で提供されてきたMVNOと同等の料金設定、サービスであると言えます。docomo系だと大きな事業者は900円で高速通信量が1GBですので、それよりもほんの少し高いぐらいです。

開始直後のサービスとしては充分な料金プランなのではないでしょうか。その他の異なる料金・内容のプランについては、これからの展開次第で充実して来ることでしょう。

  • 料金は無難だね。もう少し攻めてくればdocomo系よりも優位にいきなり立てたかもしれないのに。
  • 1000円以下で1GB以上あるコースが一番需要あるんだろうな。個人的にはauにはdocomoみたいなライトプランが用意されてないから、3GBで3000円ぐらいのデータ専用ライトプランが出てきて欲しい。
    あとはLTE網以外で使えるようになって欲しいが、それはシステム上無理か。
    ケイ・オプティってどうせKDDIの資本会社なら、au Wi-Fiを無料で使えるぐらいのサービスもやればかなり印象変わったのに。
  • Wi-Fi無料は欲しいな。3G使えないし。BIGLOBEあたりやらねーかな

電話プランが610円

このauのMVNOでは、ここ最近になってようやく普及し出した格安SIMでの音声通話サービスを、初めから用意しています。
しかも2つ用意されており、基本料が無料のIP電話サービスと、610円の基本料からなるau回線を使った電話サービスが用意されています。

基本料が無料のIP電話サービスは、いわゆる050電話のことです。基本的にIP電話はネット回線を使った通話になります。このmineoはネット回線がLTE回線しか使えないため、IP電話のエリアはauのLTEエリアということになります。
サービス加入時に無料でこのIP電話オプションが受けれるようになっているので、データ専用の格安SIMとして考えていた方でも、もしもの時のために使い方を知っておいたほうがいいかもしれません。

610円で加入出来る電話サービスは、auの回線網を使った090あるいは080、070の電話番号が使えるサービスです。
こちらはauの3G回線エリアを利用した電話サービスのため、山の中などのかなり広範囲のエリアで通話が出来ます。通話料は高いですが、IP電話よりも通話品質が上なので役に立つかとおもいます。

610円と980円のデータ料金合わせて1590円というのは、格安SIMを利用した音声通話サービスの中では、最安値に近く、1GBの通信量がつくことを考えると最もコスパいいサービスであると言えます。電話機能付きの格安SIMを考えていた方には、低コストで持てるおすすめのプランになっています。

  • 通話オプション安いな。MNPできて610円しかかからないならポンツー弾のサブに使えるMNP弾じゃん。
  • データはLTEしか使えないのに、通話は3G使えるんだな。
    まあ確かに610円の基本料は安いと思う。
    災害時に備えてメインのdocomo回線、サブでmineo音声契約って持っておけば通信手段へのリスクマネジメントは充分だろ。両方ダメになる災害だったら諦めるしかないだろうし。

テザリングができる

これはmineoに限らず今後のau系MVNOでは通常の仕様になるでしょう。それがテザリングが無料で使えるということです。

docomo系MVNOでは、docomo端末だとテザリング時に制限が発生してテザリングは出来ません。docomoのMVNOでテザリングをしたい時は、SIMフリー端末を使うか、改造してテザリングAPNをMVNOのものにするという対応しかありません。
一方で今回のmineoおよびau端末の場合は、テザリングに関する制限が無いので、特に何もしなくても利用することが可能です。

格安SIMでのテザリングをしたかった方には非常に便利な仕様になっています。

  • auのMVNOはテザリング出来んのか。docomoも見習えよ。
  • iPhoneではテザリング出来ないのか。脱獄しないとダメなタイプかな。それでもAndroidならテザリングメニューのある機種は全対応なのはありがたいな

白ロムが安い

au系のMVNOは現時点ではまだ開始されておらず、開始のアナウンスがされただけです。そのため、まだdocomo端末に比べると白ロムが買いやすい値段になっています。
格安SIMが使えるスマートフォンとしてはdocomoよりも端末価格が安いので、お買い得度は高いかとおもいます。

それでも最近は値上がりしてきているので、なるべくならば早めに1台はau端末を手に入れておくのがいいでしょう。

  • 庭スマホ高くなったなぁ。FJL22とかmineo需要で白ロム2万円近くにまで上がってる。昔はもっと安かったのに。
  • これからもっと白ロムは値上がりするだろうね。FJL22とか格安SIMが使えてスナップドラゴン800、2万以下とか値上がったとしても安すぎるし。

au ARROWS Z FJL22 ホワイト 白ロム

  • MVNOが出てくるってなったから白ロムの価値上がったな。SHL23とか安いから買っとくべきかもなぁ。

au AQUOS PHONE SERIE SHL23 【ブルー】 白ロム

注意点

ここからはmineoの注意点を紹介します。これまでのdocomo系MVNOと比べて、少し特殊な仕様になっているので注意して下さい。

LTEしか使えない

実は今回のauMVNOのmineoですが、データ通信を利用する場合はLTEの通信網しか使えず、3Gの通信網は通話のみにしか使えなくなっています。
そのため、3Gの広大なエリアでの通信ができずに主に都心部を中心に展開しているLTEエリアでしか通信ができない仕様になっています。
これにより通常のauのエリアよりも狭いエリアでしか利用できないというデメリットが生まれてしまっています。

docomo系MVNOだと3GとLTEエリアでの通信に対応し、docomoの幅広い通信エリアをMVNOでも使うことができますが、au系になると通常のエリアではなくまだ整備が充分でないLTEエリアのみでしかネットは使えません。

またこの問題によって、LTE Bandの対応が少ないスマートフォンもmineoの使用には適さなくなるでしょう。
auではBand1,11,18のLTE周波数帯が使われていますが、例えばiPhone5の場合ですとBand1のみしか対応せず、2012年の冬モデルでもBand1,11にしか対応していません。
対応Bandが少ないとそれだけ通信できるエリアも狭くなるので、3つのBandに対応した2013年モデル以降のスマートフォンを購入することが必要になります。

  • うわっ、このMVNOネットはLTEだけしか使えないのかよ。これちょっと町中から離れると使いづらくなるな。
  • LTEしかネット通信対応してないからiPhone5を対応端末から排除してるな>mineo公式
    2.1GHz帯しか対応してないiPhone5は使ってほしくないのが本音だろうな
    また○問題みたいなこと起きかねないし

解約金がある

もう一つの注意点は、このmineoは1年以内の解約には解約金が掛かる仕組みになっています。
解約金は9500円、税込みで10260円です。

これはデータプランのみでも発生します。
docomo系MVNOではほとんどのところで解約金は設定しておらず、音声通話つきのプランに解約金があるだけになっていますが、auのMVNOではデータプランでも解約金が発生してしまうようです。
期間は1年間ですので、ちょっと軽い気持ちで契約するのには不向きになっているのが残念なところでしょう。

  • 解約金あんのかー
    1年契約して解約金がかからない場合11760円の維持費がかかってすぐに解約しても10260円
    どちらにしても契約したら必ず1万円は費用がかかるってことか。
  • 解約金設定しちゃうあたり詰めが甘いよな
    auのMVNOってことで注目浴びて一気にシェア伸ばすチャンスだったのに
  • 解約金があるからもしも解約するなら直前に通話オプションつけてMNPすれば、docomoやSoftBankのスマホを安く買えるんじゃないの?
    もしも解約が必要ならこういう方法取ればいいんじゃなかろか。

長くなりましたがauのMVNOとして新たに契約できるようになったmineoについて、その要所や注意点を紹介してみました。

 -MVNOの評判まとめ, スマートフォン, デジタル家電

  関連記事

1GBで980円+無料Wi-Fiスポット接続を実現した格安SIM「BIGLOBE 3G・LTE」の口コミや評判まとめ

格安SIMの様々なサービスが広がる中で、比較的古参の事業者であるBIGLOBEが開始しだした「BIG

2014年、スマートフォンを3円運用する方法はdocomoにあり!

スマートフォンを3円で持つ方法というのが一時期流行りました。 その当時はauが、MNPするだけでスマ

格安白ロムスマートフォンARROWS S EM01Fの口コミや評判

イー・モバイルで売られているLTEスマートフォン、ARROWS S EM01Fが、安売りを続けられて

iPhone5sが安売り開始!SoftBank2万円、ドコモ1万円(条件あり)のMNP特価が登場中!

ついにiPhone5sが安売りをされだしてきています。さすがにMNP一括0円というのはまででてきてい

ベゼルの狭さと液晶部分が取り外し可能という特徴的なPCモニター、AOC「i2267Fwh」の評判やレビュー

AOCが2012年に発売した21・5インチLEDバックライトを搭載した液晶モニター ノングレア液晶、

オススメの格安SIM提供MVNO会社

  docomoから発売されているスマートフォンに差すだけで平均980円でネットへの接続が

iPhone対応手帳型・フリップカバーケースのオススメは?

iPhoneケースで今人気が高いものと言えば、手帳型のケースかとおもいます。 特に女性人気は凄まじく

格安SIM「U-mobile*d」は過去最高級のコストパフォーマンスを見せる激安MVNO

U-NEXTが展開しているMVNO格安SIMサービス「U-mobile*d」。 MVNOサービスとし

WUXGAでコスパ最高の液晶ディスプレイ「PA248Q」のレビューや評判

今回はASUSのPA248Qのレビューについて集めてみた。 解像度1920×1200、24

ZTE Blade Vec 4Gとそれを使った格安スマホについての評判や口コミ評価についてのまとめ

イオンスマホから始まった格安スマホブームは現在成熟期を迎えているような気がします。 一時期は粗製乱造

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ZTE Blade Vec 4Gとそれを使った格安スマホについての評判や口コミ評価についてのまとめ

イオンスマホから始まった格安スマホブームは現在成熟期を迎えているような気がします。 一時期は粗製乱造

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」についての評判や口コミ評価についてのまとめ

今、とあるMVNOの格安SIMが話題になっています。 それはぷららモバイルというところから発売がされ

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

U-mobile*dの格安スマホ(ヤマダ電機のYAMADAスマホ)についての評判や口コミ評価についてのまとめ

格安スマホの話題の中で、新たに台頭してきたブランドがあります。 U-NEXTが運営するU-mobil