auのスマートフォンの毎月の運用料金を安くする・本体代を安く買う方法を契約別に考える

   

スマートフォンの毎月の料金を節約したいとおもうことは、多くの方が考えることだとおもいます。
スマートフォンの料金は高いとおもわれがちですが、使い方によってはとても安くすることができる類の料金です。
スマートフォンの料金を節約する方法はいろいろありますが、今回はauの通信料を様々なキャンペーンを使って安くする方法を考えてみたいとおもいます。
MNPはもちろん新規や機種変更でも携帯料金を安くする方法がありますので、それらを紹介し自分に合う・できるやり方を見つけてみてください。

 

MNPで節約

基本料無料特典で安く

MNPで携帯電話を契約した場合は、簡単に毎月の料金を節約することができます。なぜならば、現在ほぼすべての携帯キャリアで、基本料金が無料になる特典があるからです。
auもこの基本料金無料特典があります。「auにかえる割」という特典で、2年間毎月基本料金であるLTEプランを無料にしてくれるというものです。
これを適用させれば、単純に毎月934円かかる基本料金が、0円になるということでおよそ1000円、通常の契約よりも安くすることができます。

毎月割特典で安く

auの携帯料金を安くするには、毎月割というものは欠かせません。今回はLTEスマートフォンの料金プランですが、ガラケーの料金プランを考えるときもこの毎月割が重要になっていきます。
毎月割というのは、端末ごとに用意された通信費からの割引サービスです。購入する端末によって割引額が違って、毎月割が高いほど割引されるという仕組みです。

MNPの場合はこの毎月割が高く設定されていることが多いので、どこ端末を購入しても、比較的高額な毎月割を貰えることになります。auにかえる割の特典と合わせると、毎月3000円近い料金値引きがされるパターンもあるので、毎月の料金がとても安くなります。

MNP特価とキャッシュバックで安く

MNPだと毎月の料金だけでなく本体代も特価になりやすく安く買える場合があります。
auの場合、MNPだと古い端末ならば、MNP一括0円で買える場合がほとんどです。
さらに、場合によってはキャッシュバックも数万円規模でついてきます。もちろんキャッシュバックを貰っても先ほどの毎月割やMNP特典はうけられます。

毎月の料金が安くなるだけではなく、本体の価格も安くできる買い方がMNPのメリットです。

 

新規で節約

新規一括特価で安く

新規ではこれといった特典はありません。MNPに比べると、基本料が無料になることもないですし、毎月割も高い端末というのも特にありません。
そうなると、本体代が安くなる新規一括特価セール商品を買うことで、本体代を安くするということぐらいしか、安くなる方法というのはありません。

MNPよりも少ないですが、新規で一括特価セールをおこなっているスマートフォンを購入すれば、本体代を分割で支払うということが無くなるので、見た目の通信費用も5000円ぐらいになるかとおもいます。

新規クーポンを使う

新規でスマートフォンを安く買おうとした場合、クーポン券を使えば安く買えます。クーポンは主に、JCOMなどのインターネットプロバイダから送られてくるものが多く、これを使うと5000円から1万円の値引きが受けられることがあります。
クーポンが特に送られて来ない場合は、ネットオークションでクーポンを買うのがいいとおもいます。5000円の割引券が2000円ぐらい、1万円は4000円ぐらいで取引されているので、少しでも安く買いたい方は、こうしたクーポンを使うのがいいとおもいます。

 

機種変更で節約

機種変更一括特価で安く

MNPや新規よりも少ないですが、本体を安く買いたい場合は特価セール端末を購入することを目指しましょう。
土曜日曜の家電量販店では、極稀に機種変更でも安い価格で特価端末を売りに出している場合があるので、これを狙っていけば本体を安く手に入れることができます。

コジ割で安く

また、本体を安く手に入れる方法として、コジ割ポイントを使うというのもいいかもしれません。
コジ割ポイントとは、auからMNPしようとしている方に対して、auが引き留めようとして配っているポイントのことです。
MNPするのをやめてくれれば、ポイントをあげます。だからそれで機種変更してね、というようなものです。
これを今、auでは最大3万5000ポイント配っています。ポイントの量は継続期間によって違いますが、3万5000ポイントあれば機種変更でもかなり安く最新端末を買えることが出来るでしょう。

毎月割が高い機種で安く

毎月割が高い端末と言うのは、基本的にMNPに揃っているのですが、一部のスマートフォンに限っては、機種変更のほうが毎月割が高いという場合もあります。
例えば、isai LGL22というスマートフォンがありますが、これの毎月割はMNPよりも高い2835円というとても高い毎月割です。しかも、本体代も5万円ほどと性能の割にかなり安い価格が付けられています。
このスマートフォンへ機種変更すれば、毎月の料金も4000円台に抑えることが可能です。
機種変更で本体も安く、毎月の料金も安くしたい場合は、2014年3月時点では、isai LGL22への機種変更が最もおすすめです。

 

共通

スマートバリューで安く

MNPでも新規でも機種変更でも、どうにかしてさらに毎月の料金を安くしたい時には、auスマートバリューが唯一と言える、通信費用の節約につながります。
毎月2年間1410円、2年後からは934円毎月の料金から値引きがされます。スマートバリューは固定回線と固定電話、もしくは固定回線とテレビのセットを契約している方が組めます。
昔は固定回線と固定電話のセットしかダメだったんですが、今は衛星放送のセットでも可能になったので、固定電話を弄りたくない方にもハードルが低くなったとおもいます。

 -オトクにMNP情報, スマートフォン, 節約

  関連記事

MNP弾って何を使えばいいの?携帯古事記のオススメは?

携帯古事記をしようと思ってる で、まずMNP弾ってのを作ってMNPの踏み台を作りたいんだが、オススメ

1万円台で買えて安くて性能がいい白ロムスマートフォンのオススメは?

気軽にスマートフォンを使ってみたいと思われている方、あるいは学生さんで、スマートフォンを早く欲しいと

スマ放題の注意点!主要なキャンペーンが併用出来ない罠

SoftBankが新たに始めた新料金プランスマ放題が7月より本格始動し始めました。 これまでのホワイ

MVNOの格安SIMが使えるdocomoのモバイルWi-Fiルーターのオススメは?

ここ最近、docomoの回線を使ったMVNOの格安SIMが盛り上がっています。 携帯キャリアの高額な

docomoの「カケホーダイ」は電話を使わない人には値上げ

docomoの新プラン「カケホーダイ」が発表されましたが、この新プランの口コミ評価などを観察すると、

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

商品券やクレカの現金化、転売で確実に利益が出るのはKindle paperwhite!

ビックカメラやソフマップ、トイザらスなどで売られているAmazonのKindlepaperwhite

投げ売りFJL22が白ロムでも2万円以下に!Wi-Fi用のauスマホ

高性能なスペックを持ったスマートフォンが驚くほどの低価格で白ロム化しています。 auで使える富士通製

SoftBankスマホの203SHが一括0円+45000円近いキャッシュバック付きで超お得すぎると話題

11月現在で、最もキャッシュバックが高いスマートフォンを今回は紹介します。 それはSoftBankか

docomoユーザーが2in1で最安MNPをする方法と費用 またブラックリストについて

docomoのFOMA回線向けのサービスに、2in1という電話番号をもう一つ持てるサービスがあります

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ZTE Blade Vec 4Gとそれを使った格安スマホについての評判や口コミ評価についてのまとめ

イオンスマホから始まった格安スマホブームは現在成熟期を迎えているような気がします。 一時期は粗製乱造

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」についての評判や口コミ評価についてのまとめ

今、とあるMVNOの格安SIMが話題になっています。 それはぷららモバイルというところから発売がされ

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

U-mobile*dの格安スマホ(ヤマダ電機のYAMADAスマホ)についての評判や口コミ評価についてのまとめ

格安スマホの話題の中で、新たに台頭してきたブランドがあります。 U-NEXTが運営するU-mobil