auの維持費(最低維持費、パケットフラットプランの維持費)について

   

auのLTEスマートフォンを契約した際に、一体どれだけの費用がかかるかを今回様々なパターンで計算してみました。
auのスマートフォンを契約する理由はいろいろあるかとおもいます。普通に毎月の携帯代を安くしたかったり、キャッシュバック目的でauと契約して、毎月寝かせるために持っていたいという考えもあるとおもいます。
こうした場合に気になるのが、毎月の利用料金がいくらになるのかということだとおもいます。
今回はauにおいてLTEスマートフォンを契約した場合にどのような料金プランになるのかを、各種キャンペーンを適用した形で幾つか紹介して行きます。
自分の利用目的に合わせて、参照してみてください。

最低維持費

まずは、最低維持費の基本からです。
auにおける最低維持費の実現は、パケットプランを5985円のフラットプランから0円から21000円の従量制プランへと変更する事で、パケットプランの料金を下げる事が主流のやり方です。
パケットを0円にしたまま使わないようにして、いわゆる寝かし回線を作るのです。
通信をしないため、ISP契約であるLTEネットも解除しておきます。そうすると、プランはLTEプランと呼ばれる基本料金のみのプランになり、この組み合わせがauにおける最低維持費を実現するプランになります。

通常の最低維持費

  • LTEプラン:934円
  • ユニバーサル料金:3円
  • 合計(税込み):1011円

学割で最低維持費

  • LTEプラン:934円
  • 学割:-934円
  • ユニバーサル料金:3円
  • 合計(税込み):3円

新規も機種変更もMNPも最低維持費は上にあるプランのようになり、983円となります。
唯一、学割を適用させる事で、基本料金が無料化するため最低維持費が3円になります。
学割+MNPという組み合わせで契約すれば、iPhone5sならばMNP一括0円、キャッシュバック数万円、毎月3円維持というのも可能になります。

 

フラットプランで維持費は

続いてはパケットプランをフラットプランにした時の維持費用についてです。
フラットプランで契約すると「毎月割」と呼ばれる、機種ごとにちがう割引がつくので、一概な料金というのはあまり意味を持ちません。ですが、一応はプランの計算の仕方だけは紹介しておきます。
毎月割がないパターンの料金から、代表的なスマートフォンの毎月割を使った料金を計算してみます。

単純なフラット料金

  • LTEプラン:934円
  • LTEネット:300円
  • LTEフラット:5700円
  • ユニバーサル料金:3円
  • 合計(税込み):7491円

iPhone5sをMNPで一括購入

  • LTEプラン:934円
  • auにかえる割:-934円
  • LTEネット:300円
  • LTEフラット:5200円
  • 毎月割:2835円(税込み)
  • ユニバーサル料金:3円
  • 合計(税込み):3108円

isai LGL22を機種変更で一括購入

  • LTEプラン:934円
  • LTEネット:300円
  • LTEフラット:5700円
  • auスマートパス:390円
  • 毎月割:2835円(税込み)
  • ユニバーサル料金:3円
  • 合計(税込み):5077円

iPhone5sで計算に使ったものはMNPで契約した時の毎月割です。毎月割は、MNPで契約したほうが高い場合があります。
Androidの料金と、iPhoneの料金でLTEフラットの料金が違いますが、これはiPhoneの契約だと500円の割引がされることを反映しています。
毎月割が2500円を超えると、MNPで3000円前後、機種変更で5500円前後で持てます。毎月割が1500円ほどになると、MNPで4000円前後、機種変更で6500円を超えるようになります。

Androidの場合は、auスマートパスに入らないと、毎月割が300円減ってしまうため、その点も計算に反映させています。

 

auはスマートバリューでさらに値下げ

最低維持費用とフラットプランの費用の計算式はこういった形が基本になります。
auではこの他にauスマートバリューを適用することで、毎月の割引をプラスさせることのできるキャンペーンをしています。
auスマートバリューには光回線とセットで1410円の割引が発生するものと、WiMAX2ルーターとのセットで934円割引がされるスマートバリューmineというものがあります。
これらを適用すると、先ほど計算した通信費よりももう少し安くスマートフォンを持つことが出来るます。

auの維持費用についての基本はこのような感じです。最低維持費が3円になるのは学割だけで、その他の方法では1008円になります。ただ、これはLTEスマートフォンの場合です。ガラケーのプランだと、学割でなくても1008円以下でauの最低維持費を抑えることができます。これはあくまでもLTEスマートフォンの例なので、ガラケーの場合はまた別の時にやりたいとおもいます。

 -お得な知識, スマートフォン

  関連記事

2014年、スマートフォンを3円運用する方法はdocomoにあり!

スマートフォンを3円で持つ方法というのが一時期流行りました。 その当時はauが、MNPするだけでスマ

au MVNOのmineoのメリットや注意点、口コミ評価について

待望とも言えるauのMVNOが登場します。 auのスマートフォンを使って格安SIMを利用できるチャン

1万円台で買えて安くて性能がいい白ロムスマートフォンのオススメは?

気軽にスマートフォンを使ってみたいと思われている方、あるいは学生さんで、スマートフォンを早く欲しいと

商品券やクレカの現金化、転売で確実に利益が出るのはKindle paperwhite!

ビックカメラやソフマップ、トイザらスなどで売られているAmazonのKindlepaperwhite

WiMAX2+の現金キャッシュバックやキャンペーンなどの各社特典まとめ

既存のHWD14に加えWiMAX2+に対応したモバイルWi-FiルーターのNAD11が発表され、いよ

203SHは不具合の出ないWi-Fi専用スマホに最適? 白ロム価格が1万3000円以下でクアッドコア機としては異常な安さ

SoftBankから発売されていますSHARPのAQUOS PHONE 203SHというスマートフォ

格安SIM向けにコスパの良いオススメの白ロムスマホ docomo編

  現在、非常に安い月額料金でネットが可能なMVNOの格安SIMが流行っています。 昔は月

SoftBankスマホの203SHが一括0円+45000円近いキャッシュバック付きで超お得すぎると話題

11月現在で、最もキャッシュバックが高いスマートフォンを今回は紹介します。 それはSoftBankか

iPhone対応手帳型・フリップカバーケースのオススメは?

iPhoneケースで今人気が高いものと言えば、手帳型のケースかとおもいます。 特に女性人気は凄まじく

イオンのスマホはどこまで出来る?メリット・デメリットから評価してみた

大手販売流通事業者のイオンがスマートフォン事業にも参入してきました。 イオンの各店舗において、800

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ZTE Blade Vec 4Gとそれを使った格安スマホについての評判や口コミ評価についてのまとめ

イオンスマホから始まった格安スマホブームは現在成熟期を迎えているような気がします。 一時期は粗製乱造

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」についての評判や口コミ評価についてのまとめ

今、とあるMVNOの格安SIMが話題になっています。 それはぷららモバイルというところから発売がされ

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

U-mobile*dの格安スマホ(ヤマダ電機のYAMADAスマホ)についての評判や口コミ評価についてのまとめ

格安スマホの話題の中で、新たに台頭してきたブランドがあります。 U-NEXTが運営するU-mobil