2014年、スマートフォンを3円運用する方法はdocomoにあり!

   

スマートフォンを3円で持つ方法というのが一時期流行りました。
その当時はauが、MNPするだけでスマートフォンを契約した回線を3円で2年間寝かせられるというものでした。しかもこの時auはiPhone5をMNP一括0円で配っていたので、MNP弾を作ってauへMNPするだけで、iPhone5をタダでもらえて通信費も使わなければ2年間3円でいいというとてつもない投げ売り状況でした。
ですが、それも長くは続かずに2013年の8月を最後にauの3円維持は終わってしまいました。
その後は3円維持が可能なのはdocomoのみになりました。docomoの場合もMNPするだけで3円維持が可能ではあったのですが、その場合はauのように2年間ではなく1年間のみということでした。
そのため2年間3円維持というのは、単純な方法では持てなくなり、唯一月々サポートを使った2年間3円維持の方法が残されていただけです。これはただ単にMNPするだけで3円でもてるのとは違い、機種依存の月サポ額によって決まるので、万能ではありませんでした。

 

2014年は2年間3円維持に!

およそ携帯業界では半年近く単純な方法での2年間3円で携帯電話の回線を持つということは出来なかったのですが、2014年1月14日から、docomoにおいてMNPするだけで2年間3円維持が可能な状態に変わりました。
docomoが1月14日からはじめた「ドコモへのりかえ割」という施策が、基本料金と同額の780円を25ヶ月間にわたって割り引くという内容になっています。
この施策の条件はとても簡単な内容になっており「MNPで」2年契約となる「タイプXiにねん」を維持しているだけで良いのです。auが改悪をしたような「パケット定額プラン」への加入は必要とされていないため、MNPをするだけで2年間3円維持ができるようになります。

 

狙い目はMNP一括0円のiPhone5c

回線が3円で持てるようになるため、MNPで一括価格が安いスマートフォンを購入すれば、場合によっては白ロムを買うよりも安くスマートフォンを手に入れることができます。
今で言えばMNPの一括価格が0円に近いスマートフォンがいくつかあります。夏モデルのAndroidスマートフォンやiPhone5cです。
特にiPhone5cは安定した使い心地を得れるという部分でオススメかつ狙い目と言えます。
MNP弾を使って、docomoのiPhone5cをMNP一括0円で契約します。場合によってはキャッシュバックも付くでしょう。これだけの好条件な内容で契約できるにも関わらず、さらに2年間3円で契約回線を寝かせることができます。
iPhone5cはそのままSIMを外してWi-Fi運用、あるいは格安SIM(SMS対応・構成プロファイルを提供している事業者のみ)で利用することが出来ます。MNP弾の費用こそかかりますが、高くても1万円5000円程度なので、たったそれだけの費用で本来4万円近く白ロムの値段になっているiPhone5cをタダで手に入れることができるのは大変お買い得と言えるでしょう。

 

ぜひこのドコモへのりかえ割が続いている間に、MNP弾を用意して一括で安いスマートフォンへのりかえましょう。時期によってはiPhone5sの安売りとうまく重なる可能性もある神施策といえます。

 -オトクにMNP情報, スマートフォン

  関連記事

ワイモバイルの評判や口コミ評価についてのまとめ

イー・モバイルとウィルコムがワイモバイルとして新たに活動をし始めています。 元々はSoftBankの

スマホの放熱、冷却方法 発熱問題には放熱シートやアルミケースで対応

これから夏にかけて気になってくるのがスマートフォンやWi-Fiルーターの発熱に関する問題。機種によっ

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

docomoのブラックリスト入り回避の基準 目安は6ヶ月以上の回線維持

最近は携帯乞食的な行動をすることがメジャーになってきています。 特にMNPを数ヶ月ごとおきに行い、ス

WiMAX2+の現金キャッシュバックやキャンペーンなどの各社特典まとめ

既存のHWD14に加えWiMAX2+に対応したモバイルWi-FiルーターのNAD11が発表され、いよ

SoftBankのブラックリスト入りになる条件、あるいは審査基準

MNPでスマートフォンを安く買っていく中で、気になるのが各社のブラックリスト入りの条件です。 各社そ

オススメの格安SIM提供MVNO会社

  docomoから発売されているスマートフォンに差すだけで平均980円でネットへの接続が

SoftBankスマホの203SHが一括0円+45000円近いキャッシュバック付きで超お得すぎると話題

11月現在で、最もキャッシュバックが高いスマートフォンを今回は紹介します。 それはSoftBankか

1万円以下、2万円以下で買えるWi-Fi運用向けの白ロムスマートフォンのオススメ

これまではdocomoやauといったキャリア別の白ロムスマートフォンのオススメを紹介してきましたが、

docomoでも使えるXperia Z Ultraの白ロムが6万円 本体、カバーや保護ガラスの口コミや評判まとめ

auから発売されているXperia Z Ultra SOL24ですが、現在このスマートフォンは、海外

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ZTE Blade Vec 4Gとそれを使った格安スマホについての評判や口コミ評価についてのまとめ

イオンスマホから始まった格安スマホブームは現在成熟期を迎えているような気がします。 一時期は粗製乱造

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」についての評判や口コミ評価についてのまとめ

今、とあるMVNOの格安SIMが話題になっています。 それはぷららモバイルというところから発売がされ

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

U-mobile*dの格安スマホ(ヤマダ電機のYAMADAスマホ)についての評判や口コミ評価についてのまとめ

格安スマホの話題の中で、新たに台頭してきたブランドがあります。 U-NEXTが運営するU-mobil