今iPhone5cがとっても安い!一括0円で通信料も安くキャッシュバックも数万円レベル

   

iPhone 5cの価格がとんでもないことになっています。
廉価版として事前報道されてしまったせいか、それ程安くない市場価格に消費者の購買意欲が上がらなかったのか。それとも単純に安っぽさを感じる外観が人気がないのか。理由はともかく、iPhone 5cは生産減少を発売直後にされるなど、予想外に各国で売れていないようです。
日本でもiPhone 5sに比べると、5cの人気は正直なところ低いと言わざるを得ないでしょう。ネット上の購入報告を見ると、どこもiPhone 5sの購入報告ばかりで5cはそれほど見かけません。
こうした不人気の側面が強いiPhone 5cにたいして、日本の携帯会社はどのようにその大量の在庫をさばいていくのでしょうか。
その方法は、おなじみのキャッシュバックばらまきといういつも通りの方法のようです。
docomoもSoftBankもauも、全ての会社で今iPhone 5cをキャッシュバックと共に投げ売りしています。しかも、本体代が一括0円かつ毎月の通信料割引が2000円近く発生するため、恐ろしく安い運用費でも使えるようになるのです。
今iPhone 5cはスマートフォンを契約しようとした場合に、最も2年間のトータルコストを抑えられる格安スマホになっています。

以下ではそのiPhone 5cの投げ売り状況と、運用費についての考察を交えてみたいとおもいます。

まず各携帯会社のiPhone 5cの安売り状況をみてみましょう。残念ながら、新規と機種変更での購入では、まだ大きな安売りが始まっているわけではありません。安売りはMNPのみで発生しています。MNP一括0円という分割で本体代が発生しない完璧にタダな状態で、通信料の割引とキャッシュバックが発生する仕組みになっています。
会社によってその額がそれぞれ異なりますので、ここからは個別に見てみましょう。

docomo

docomoへMNPしてiPhone 5cを契約した場合、1月時点での通信料の割引(月々サポート)とキャッシュバックの平均的な額はこんな感じです。

月々サポート

  • タイプXiにねん(ドコモへスイッチ割13ヶ月分適用:0円
  • spモード:315円
  • Xiパケホーダイ for iPhone:5460円
  • 月月サポート:-2520円
  • 月サポ増額12ヶ月:-525円
  • 合計:2730円

キャッシュバック平均

10000円

docomoの場合はあまりキャッシュバックが付きません。その代わりに毎月の割引額が高く、13ヶ月限定ではありますが、毎月の通信料が2730円に抑えられます。
またdocomoの場合、MNPで貰える特典のドコモへスイッチ割がパケホーダイを付けなくても効くため、最低維持費として毎月3円で持つことができます。iPhone 5cをタダで貰えてキャッシュバックも貰えるのにも関わらず、回線を寝かせた場合は毎月3円で済ませることができ、Wi-Fi運用用のスマートフォンをお探しの方にはiPhone 5cを非常に安く持てるチャンスとも言えます。
また、docomoの場合は3台同時に契約すると、場合によっては9万円近いキャッシュバックが貰えます。もちろん本体代金は一括0円です。これはdocomoが現在行っている家族加入キャンペーンの一環で、複数台を契約すると台数ごとに最大2万円のキャッシュバック増額が行われているキャンペーンです。もしも3台同時に契約できるようならば、絶対に利用したいキャンペーンだと思います。

 

SoftBank

SoftBankへMNPした場合のiPhone 5cの月月割とキャッシュバックはこんな感じです。

月月割

  • ホワイトプラン(バンバンのりかえ割24ヶ月適用):0円
  • Sベーシック:315円
  • パケットし放題:5460円
  • 月月割:-1755円
  • 合計:4020円

キャッシュバック平均

25000円

SoftBankの場合は、毎月の運用費は4020円と若干高めにはなりますが、キャッシュバックが平均で2万5000円近くついてくるという大盤振る舞いな状況です。お店によっては3万円を超える場合もあるので、いい契約条件を結べるお店を探しましょう。基本的に土日の休日が狙い目です。
運用費をさげるよりも、キャッシュバックでお客を引っ張ってこようとしているようです。

 

au

こちらのauも同様に毎月割を使った運用費の計算と、キャッシュバック額をみて行きましょう。

毎月割

  • LTEプラン(auにかえる割24ヶ月適用):0円
  • LTEネット:315円
  • LTEフラット:5460円
  • 毎月割:-1755円
  • 合計:4070円

キャッシュバック平均

20000円

auもSoftBank同様の運用費です。4070円という毎月の料金になります。キャッシュバックはSoftBankよりも低めの2万円前後です。SoftBankよりはキャッシュバックを付けなくても売れているということなのでしょう。

 

auとSoftBankなら市販のMNP弾で契約できる

このように、各携帯会社でiPhone 5cを契約することは、0円で本体代がタダでもらえるというメリット、キャッシュバックで現金が更にもらえるメリット、毎月の通信費も普通のスマートフォンより遥かに安く持てるメリットと3つの大きなメリットが貰えます。
ですが、メールアドレスを変更したくないという思いや何となくキャリアを移動させたくないという方は、MNPをしたくないという思いが強いでしょう。
そうした方には、MNP弾を作ることをオススメします。実はauとSoftBankへのMNPならば、docomoのMVNOである日本通信が発売しているスマホ電話SIMを使うことで、メインの回線を使わずにMNPすることができます。
MNP弾としての費用は1万6000円ほどです。キャッシュバック分を考えればほぼタダでMNP弾が作れるかとおもいます。

日本通信 bモバイル スマホ電話SIM フリーData マイクロSIM [AM-SDL-FDM]


これを使い、メインの回線をメールと電話のみの契約にしてiPhone 5cを台持ちのスマートフォンとして使うことができます。通常のパケホーダイ系のプランは合わせて7000円近くしますが、このようにMNPをして各種キャンペーンと割引きを適用すれば、月4000円ぐらいで運用が可能です。この機会にMNP弾を作ってiPhone 5cをタダで貰って安い料金で使い倒してしまいましょう。

 -オトクにMNP情報, スマートフォン

  関連記事

超お得な白ロムスマホ!MVNOのSIMが使えるSH-06Eが安い!

2013年11月現在、白ロムスマートフォン市場でかなりの注目を浴びている機種があります。 それが20

docomoのブラックリスト入り回避の基準 目安は6ヶ月以上の回線維持

最近は携帯乞食的な行動をすることがメジャーになってきています。 特にMNPを数ヶ月ごとおきに行い、ス

OCN モバイル ONEの格安SIMの評判やレビューを口コミから

数多くの事業者が参入して盛り上がりをみせるdocomo網を使ったMVNOの格安SIMサービス。 本当

Xperia Z1はau版がお得!MNP一括3万円以下に

docomoとauから発売されているXperia Z1について。 発売初週に、iPhoneを抑えて売

のりかえサポートの解約金が発生する条件、発生しない条件

SoftBankがやっている「のりかえサポート」というキャンペーンを皆さんご存知でしょうか? 今So

docomoユーザーが2in1で最安MNPをする方法と費用 またブラックリストについて

docomoのFOMA回線向けのサービスに、2in1という電話番号をもう一つ持てるサービスがあります

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

オススメの格安SIM提供MVNO会社

  docomoから発売されているスマートフォンに差すだけで平均980円でネットへの接続が

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

Xperia Z Ultra SOL24とLG G flex LGL23がMNP一括0円!U25家族セット割で一括0円!

auから発売が予定されている2014年の春モデルスマートフォンであるXperia Z Ultra S

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ZTE Blade Vec 4Gとそれを使った格安スマホについての評判や口コミ評価についてのまとめ

イオンスマホから始まった格安スマホブームは現在成熟期を迎えているような気がします。 一時期は粗製乱造

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」についての評判や口コミ評価についてのまとめ

今、とあるMVNOの格安SIMが話題になっています。 それはぷららモバイルというところから発売がされ

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

U-mobile*dの格安スマホ(ヤマダ電機のYAMADAスマホ)についての評判や口コミ評価についてのまとめ

格安スマホの話題の中で、新たに台頭してきたブランドがあります。 U-NEXTが運営するU-mobil