安定した通信が期待できる格安SIM「IIJmio」の評判や口コミまとめ

   

多くのMVNO事業者が参入している格安SIMサービスの世界。その中でも一際高評価を得ている事業者であるIIJが展開している格安SIMサービス「IIJmio」について今回はネット上の評判や口コミを集めてみたいと思います。
日本通信と共に格安SIMサービスを牽引してきたIIJmioですが、やはりその通信品質はその他のMVNO事業者に比べると高いというのがネット上の口コミから判断つきます。安定した通信回線を望む方にはこのIIJmioが一つの選択肢として十分考慮に値するものになるかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

・よその格安SIMに比べるとIIJのほうは変な罠みたいな規約も無いし、格安SIMを安心して契約したいならIIJが無難。初心者向けだと思うわ

 

・罠ってなんなの?そんな変な会社あるか?

 

・例えばUmobileは2段階制の通信プランで、通信量が超過すると自動で2段階の高いほうに移行しちゃったり、あと規制後の速度が128kbpsとかいいながら10kbpsも出ない通信会社もたまにいるから、そういう初心者が知らないプランの穴とか罠的な部分がないからIIJはいいよって思うのよ。

・まぁ通信の安定性、回線の安定性ってところはIIJかOCNって感じだな。特に2GBのプランならIIJ一択。

 

・IIJなら速度制限になっても200kbps以上出るからな。200kbps制限がほとんど名目上の数字で実際は速度制限後もかなり速度がでる。これがあるからIIJから離れられない。

 

・IIJは速度出るよな。結構利用者増えて帯域も削られていると思うのに、未だに速度は安定して出てくれる。この辺がビーモバとは違う信頼感あるわ。後は945円のプランが1GBになれば完璧。500MBはちょっと足らんわ。

 

945円のプランはそんなによくないねぇ。500MBは流石に不安だわ。
アプリで低速・高速分けられるからそれを使えばうまく調節できるんだろうけど、忘れることもあるしやっぱり1GBは欲しい。

 

・IIJの千円前後のプランはちょっとコスパ悪いよな。500MBしか高速通信が出来ないってのはいくら速度が出ようが回線が安定しているといっても、他のサービスと比べたら物足りない。100MB追加出来るとはいえ500円かかったら格安SIMでも割高になっちゃうし。

 

・100MBの追加クーポンは315円に変わったよ

 

・IIJmioと契約するなら2GBのライトスタートプランでしょ。500MBのミニマムスタートプランじゃコスパは確実に悪い。2GBならその逆で恐ろしくコスパがいい。1600円で2GB使えて回線の品質もトップクラスなんだし、IIJmio使うなら2GBのプラン以外あり得ないわ。

 

個人的にいいと思うIIJのサービスは
みおぽんでクーポンのOnOffできる
SMSに対応するからセルスタンバイ問題から解放される。
ライトプランがかなりお得
速度が常に安定してる

悪いところ
SMS対応が有料(147円)
SIMの発行が2100円かかる。ファミリーシェアプランだと結構痛い出費
ライトプランを3日間の内に120MBの通信をしてしまうと200kbpsに制限されてしまう
ファミリーシェアで3枚SIMを持とうとしたら発行料として4200円必要なのもちょっとキツい
ライトプランのコスパもいいし、使っていてストレスのない速度や使い心地なのは評価高いけど、細かいところはもう少しお得になってほしいと思う

SMSに対応して電池持ちがよくなったのに、それが有料なのはがっかりポイント

 

・クーポンのOnOffがアプリでできるのはいいが、完全に手動なんだよな。出来れば操作アプリごとに自動でOnOff分けて欲しかった。この辺りはアプリのバーションアップを期待かな。
ライトプランの2GBコース以外はちょっとプラン的に魅力薄いね。SMS機能はMVNO SIMにおいては電池持ちよくするために必須だから、SMSつけて1000円超えて500MBのミニマムプランはダメ過ぎ。
1750円でライトプランのほうが遥かにいいよ。

 

・IIJ契約しようと思ってて、Wi-FiルーターのNI760Sってのも同時に買おうと思ってるんだけどお前ら的にはどんな評価?

 

そんなの使ってるやついるのかね・・・。
値段みたら2万円するじゃん。2万あったらL-03Eの白ロムが買えちゃうし、1万ちょっとでSIMフリールーターのGL06Pの白ロムが買えるぞ。こっちのルーター達のほうが評価確立されてるし安心出来ると思うが。

 

IIJmioの良さは何と言ってもその通信品質の良さです。MVNO事業者の多くは、利用者が多くなると帯域を制限して速度を出にくくするところがあるのですが、IIJの場合はそういった帯域の調整が絶妙で、利用者が増えたこの最近でも安定した速度を見せてくれます。
古くからMVNO事業に参加しており、安心して使える事業者と言えるでしょう。プランについては、980円前後の格安SIMにおける競争が激化している価格帯では、あまり目立った内容ではないですが、少し上位のプランになると、2GBで1596円という魅力的な格安プランを用意しています。IIJの良さを最大級に実感したい場合はこのライトスタートプランがいいでしょう。
SMS機能も対応することで、MVNO SIMが直面するセルスタンバイ問題(docomo白ロムの電池が減りやすい)を解消することができます。まだまだSMSに対応したMVNO SIMは少ないため、電池持ちを気にする方はIIJmioのSMS機能付きのサービスを利用するのがいいと思われます。

 -MVNOの評判まとめ, スマートフォン

  関連記事

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

Xperia Z1はau版がお得!MNP一括3万円以下に

docomoとauから発売されているXperia Z1について。 発売初週に、iPhoneを抑えて売

コスパのいいauの白ロムスマートフォンのオススメ

  今回はネット上で評判の良い、安くて使いやすいauから発売されているスマートフォンの中で

docomoの「カケホーダイ」は電話を使わない人には値上げ

docomoの新プラン「カケホーダイ」が発表されましたが、この新プランの口コミ評価などを観察すると、

3円スマホの作り方【docomo編】

スマートフォンのお得な運用方法として、良く話題に上がるのが、3円維持あるいは3円維持運用という方法で

SoftBankのブラックリスト入りになる条件、あるいは審査基準

MNPでスマートフォンを安く買っていく中で、気になるのが各社のブラックリスト入りの条件です。 各社そ

のりかえサポートの解約金が発生する条件、発生しない条件

SoftBankがやっている「のりかえサポート」というキャンペーンを皆さんご存知でしょうか? 今So

SoftBankスマホの203SHが一括0円+45000円近いキャッシュバック付きで超お得すぎると話題

11月現在で、最もキャッシュバックが高いスマートフォンを今回は紹介します。 それはSoftBankか

iPhone5sが安売り開始!SoftBank2万円、ドコモ1万円(条件あり)のMNP特価が登場中!

ついにiPhone5sが安売りをされだしてきています。さすがにMNP一括0円というのはまででてきてい

1万円台で買えて安くて性能がいい白ロムスマートフォンのオススメは?

気軽にスマートフォンを使ってみたいと思われている方、あるいは学生さんで、スマートフォンを早く欲しいと

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ZTE Blade Vec 4Gとそれを使った格安スマホについての評判や口コミ評価についてのまとめ

イオンスマホから始まった格安スマホブームは現在成熟期を迎えているような気がします。 一時期は粗製乱造

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」についての評判や口コミ評価についてのまとめ

今、とあるMVNOの格安SIMが話題になっています。 それはぷららモバイルというところから発売がされ

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

U-mobile*dの格安スマホ(ヤマダ電機のYAMADAスマホ)についての評判や口コミ評価についてのまとめ

格安スマホの話題の中で、新たに台頭してきたブランドがあります。 U-NEXTが運営するU-mobil