のりかえサポートの解約金が発生する条件、発生しない条件

   

SoftBankがやっている「のりかえサポート」というキャンペーンを皆さんご存知でしょうか?
今SoftBankが展開しているキャンペーンの一つで、なんとMNPで契約してくれた方に、21000円分の還元をしてくれるというありがたいサービスです。
最近SoftBankのスマートフォンには、MNPで購入するとキャッシュバックが大量に貰えるという現象が発生していますが、その原動力ともなっているのがこのキャンペーンです。

のりかえサポートは「一括購入」の場合は21000円分の値引きやキャッシュバックを行い、「分割購入」の場合は、21000円分のポイントを毎月1000ポイントづつ配布してくれます。

さて、こののりかえサポートは、SoftBankのスマートフォンを安く買うためのキャンペーンとしてありがたい存在なのですが、実はいろいろと厳しい規約がつけられています。キャンペーンの適用を受けたあとに、特定の行動をしてしまうとのりかえサポートの特典の返還を求められるという規約になっています。
ですので、注意しないと、せっかく安くMNPで買えたのに、特定の行動をしたことで21000円分の値引き分をSoftBankに返さなければいけない、なんて事も起こってしまいます。
今回は、こののりかえサポートの解約金・違約金が発生する条件と発生しない条件を紹介していきたいとおもいます。MNPでSoftBankのスマートフォンを買ったけど、のりかえサポートが消えるのが怖くてどうしたらいいかわからないという方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

 

解約金が発生する条件

のりかえサポートの解約金・違約金が発生するのは「一括購入」のみです。「分割購入」の場合は、毎月貰えるポイントが終了するだけで済みます。
一括購入の場合は21000円を解約金としてとられてしまいますので、ここでは一括購入した場合ののりかえサポートの解約金発生条件をみていきましょう。

なおのりかえサポートは3ヶ月以上契約を継続していれば、その21000円の解約金が発生する期間は終了するため、以下の行動をしても大丈夫になります。3ヶ月は以下の行動を我慢しましょう。

 

解約

まずは解約です。これをしてしまうともちろんのりかえサポートの解約金・違約金が発生します。
短期間で解約されるとスマートフォンだけ安く持っていかれて、値引きしてもSoftBankには損になりますからね。仕方のないことでしょう。
3ヶ月いないの解約は21000円の解約金が、回線本来の解約金にプラスされて発生します。

 

機種変更

意外な事に機種変更もしてはいけないと規約には書かれています。機種変更をしてはいけないというのは、一体どういう理由からなのか皆目検討はつきませんが、とにかく3ヶ月以内の機種変更には21000円の解約金がかかります。
この機種変更はいわゆるスパボ一括による機種変更ですね。

 

解約金が発生しない条件

ここでは、12月現在ののりかえサポートの規約の中で、解約金・違約金が発生しない条件を紹介していきましょう。ネット上ではよくこれらの行動でも解約金が発生するなんて言われますが、私が試してみた感じ、12月現在の状態として、解約金は発生しません。ですので、規約が変更されない限り、これらの行動は安心して行えます。

 

フラットを2段階にする

のりかえサポートにはフラット定額への加入が条件とされています。ですが、それは加入時の条件であって、契約後はフラット定額を2段階定額にしても問題はありません。ですので、維持費を安くするために2段階に変更しても問題はありません。
ただしこれは「一括購入」の時です。「分割購入」のポイント特典は、のりかえサポートが終了してしまいますので、注意してください。

 

3ヶ月以内の銀SIM化

こちらの行為はネット上でよく21000円が発生するという噂が流れていますが、私が実践した限りではそんなことはありません。SoftBankのサポートも「持ち込み機種変更」ではのりかえサポートの解約金は発生しないという回答をしているので、心配はいりません。
銀SIM化をすると回線の維持費用も980円にすることができるんで、2段階へ変更するよりもオトクな維持費用にすることができます。

 

3ヶ月以内のみまもり化

こちらも銀SIM化同様に安全な行為です。12月現在の情報なので、それ以降に試す方はなるべく気をつけなければいけないですが、12月現在ではネット上で言われるような解約金はかかりません。
こちらは維持費用を銀SIM化よりも安くできます。490円、あるいは590円にすることができます。SoftBankの4G機種は維持費用が高くなりがちですので、このみまもり化は寝かして持つためには必須作業だとおもいます。

 

どうでしょうか?のりかえサポートの解約金がかかる条件を今回まとめてみましたが、端末購入を伴う機種変更以外では、特に気をつけるところはないと言っていいとおもいます。
持ち込み機種変更ならば、のりかえサポートの解約金は発生しないため、ネット上で言われているような不安な点はありません。

 -オトクにMNP情報, スマートフォン

  関連記事

docomoのブラックリスト入り回避の基準 目安は6ヶ月以上の回線維持

最近は携帯乞食的な行動をすることがメジャーになってきています。 特にMNPを数ヶ月ごとおきに行い、ス

スマ放題の注意点!主要なキャンペーンが併用出来ない罠

SoftBankが新たに始めた新料金プランスマ放題が7月より本格始動し始めました。 これまでのホワイ

au MVNOのmineoのメリットや注意点、口コミ評価について

待望とも言えるauのMVNOが登場します。 auのスマートフォンを使って格安SIMを利用できるチャン

1からわかるMNPで儲ける方法 HTL22キャッシュバック編

巷で話題の携帯キャリアによるMNPでの顧客獲得競争。docomoがiPhoneを扱ったことでその勢い

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」についての評判や口コミ評価についてのまとめ

今、とあるMVNOの格安SIMが話題になっています。 それはぷららモバイルというところから発売がされ

auの維持費(最低維持費、パケットフラットプランの維持費)について

auのLTEスマートフォンを契約した際に、一体どれだけの費用がかかるかを今回様々なパターンで計算して

1万円台で買えて安くて性能がいい白ロムスマートフォンのオススメは?

気軽にスマートフォンを使ってみたいと思われている方、あるいは学生さんで、スマートフォンを早く欲しいと

docomoの「カケホーダイ」は電話を使わない人には値上げ

docomoの新プラン「カケホーダイ」が発表されましたが、この新プランの口コミ評価などを観察すると、

MNP弾って何を使えばいいの?携帯古事記のオススメは?

携帯古事記をしようと思ってる で、まずMNP弾ってのを作ってMNPの踏み台を作りたいんだが、オススメ

docomoユーザーが2in1で最安MNPをする方法と費用 またブラックリストについて

docomoのFOMA回線向けのサービスに、2in1という電話番号をもう一つ持てるサービスがあります

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ZTE Blade Vec 4Gとそれを使った格安スマホについての評判や口コミ評価についてのまとめ

イオンスマホから始まった格安スマホブームは現在成熟期を迎えているような気がします。 一時期は粗製乱造

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」についての評判や口コミ評価についてのまとめ

今、とあるMVNOの格安SIMが話題になっています。 それはぷららモバイルというところから発売がされ

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

U-mobile*dの格安スマホ(ヤマダ電機のYAMADAスマホ)についての評判や口コミ評価についてのまとめ

格安スマホの話題の中で、新たに台頭してきたブランドがあります。 U-NEXTが運営するU-mobil