SoftBankスマホの203SHが一括0円+45000円近いキャッシュバック付きで超お得すぎると話題

   

11月現在で、最もキャッシュバックが高いスマートフォンを今回は紹介します。
それはSoftBankから発売されているスマートフォン、203SHです。
現在、このスマホに多額のキャッシュバックがついて売られています。その額は平均して40000円!
お店によっては45000円ぐらい出してくれる場合があります。コンテンツをつけると、1個につき1000円づつキャッシュバックをあげてくれるお店もあるようです。
この203SHの高額なキャッシュバックを、どれぐらいの費用をかけて購入できるのか、そしてどれくらいキャッシュバックの利益が得られるのかを紹介したいとおもいます。

 

まずはMNP弾を

まずは、このキャッシュバックの条件ですが、MNPでの契約が必要になります。
まず普通の方はここで挫折してしまいがちなのですが、MNPはそれほど難しくありません。なぜならば、MNP弾という存在があるからです。
MNP弾を使えば、自分の今使っているメインの携帯電話のキャリアを動かさずに、MNPによる特典を得ることができます。
特にオススメなのがスマホ電話SIMです。
こちらは総費用およそ16000円でMNPができるMNP弾です。
今回の203SHの購入に、このスマホ電話SIMを使った場合の費用とキャッシュバックからの黒字を考えて見たいとおもいます。

日本通信 bモバイル・スマホ電話SIM for LTE マイクロSIM [AM-SDLM]

203SHの黒字額

では先ほどのスマホ電話SIMを使ってMNP弾経由で203SHの45000円キャッシュバックにMNPした場合の、黒字利益を計算してみましょう。
先ほどの16000円のMNP弾費用の他に、契約事務手数料が3150円、最初の月の通信費が7000円、2ヶ月目からの維持費が1100円としてみました。その場合、このようになります。

  • MNP費用:16000円
  • 契約一月目:3150+7000円
  • 2ヶ月目移行:1100円×6ヶ月分
  • 合計:32750円

SoftBankは維持費用が高いため、ちょっと金額が大きくなります。およそ33000円なので、45000円のキャッシュバックだと、10000円の黒字として考えておきましょう。
ここからはいろいろな補足です。
ここでは、維持費用の計算で6ヶ月としています。何故2年ではなく6ヶ月にしているかというと、6ヶ月後に今回契約した回線を、MNP弾として再利用することを想定しています。流石に契約直後にMNPしてしまうと、SoftBankのブラックリストにはいってしまうので、6ヶ月は回線を寝かしましょう。
2ヶ月目の維持費用は、バンバンのりかえ割を使って、基本使用料金を0円にしています。バンバンのりかえ割は、MNPで契約するともらえる特典です。この基本料無料特典をりようすると、この維持費用になります。
バンバンのりかえ割は本来、フラット契約にしないと基本料無料にはならないのですが、一度確定させてしまえば、2段階制のパケットプランにしても継続される状態です(11月現在)。なので、この維持費はバンバンのりかえ割を効かせて、2段階制のプランに切り替えた持ち方です。
また、203SHは今のところ15000円程度で新品が取引されています。
もしスマートフォン本体が不要であれば、203SHを売ってしまいましょう。そうすれば利益は25000円にまであがります。普通にWi-Fi運用をするにも、この機種は不具合が多いので、売ってしまうのが得策だとおもいます。

 

以下はネット上でのこの内容に関する口コミです。

・初心者なんだけどとりあえず今から初めて美味しい案件ってなんかある?
弾は日本通信を予定してるんだけど。

・スマホ電話SIMからならauのHTL22か禿の203SHだろうな
auは年末まで待って、禿の203SHでMNPの練習してみればいい
ただ禿は維持費が高いから、将来的にMNP弾として使わないならやめとけ

・203SHだとパレプラが42000円キャッシュバックだから、最低でも40000は欲しいな

・203SHって使い心地どうなの?

・いや、あれは地雷スマホだから・・・
普通にスマホを自分用に貰いたいならiPhoneかHTL22のキャッシュバック付き買え
利益出したいだけなら203のほうがいい

 -オトクにMNP情報, スマートフォン

  関連記事

今iPhone5cがとっても安い!一括0円で通信料も安くキャッシュバックも数万円レベル

iPhone 5cの価格がとんでもないことになっています。 廉価版として事前報道されてしまったせいか

au MVNOのmineoのメリットや注意点、口コミ評価について

待望とも言えるauのMVNOが登場します。 auのスマートフォンを使って格安SIMを利用できるチャン

iPhone5sが安売り開始!SoftBank2万円、ドコモ1万円(条件あり)のMNP特価が登場中!

ついにiPhone5sが安売りをされだしてきています。さすがにMNP一括0円というのはまででてきてい

auのiPhone5cがMNP一括0円、キャッシュバック付きで安売り中

auのiPhone5cが11月1日からMNP一括0円、しかもキャッシュバック付きというとてもオトクな

auの維持費(最低維持費、パケットフラットプランの維持費)について

auのLTEスマートフォンを契約した際に、一体どれだけの費用がかかるかを今回様々なパターンで計算して

イオンのスマホはどこまで出来る?メリット・デメリットから評価してみた

大手販売流通事業者のイオンがスマートフォン事業にも参入してきました。 イオンの各店舗において、800

スマホにはフッ素コートでコーティング!? 今ネット上で話題上昇中!

  スマートフォンを買ってまずすることといえば一体何でしょうか?アプリのダウンロード?壁紙

1万円台で買えて安くて性能がいい白ロムスマートフォンのオススメは?

気軽にスマートフォンを使ってみたいと思われている方、あるいは学生さんで、スマートフォンを早く欲しいと

格安SIMの1つ、BIC SIMの評判やレビューを口コミから

ビックカメラで購入ができるMVNOサービスのBIC SIMの評判や口コミからのレビューを今回は紹介し

オススメの格安SIM提供MVNO会社

  docomoから発売されているスマートフォンに差すだけで平均980円でネットへの接続が

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ZTE Blade Vec 4Gとそれを使った格安スマホについての評判や口コミ評価についてのまとめ

イオンスマホから始まった格安スマホブームは現在成熟期を迎えているような気がします。 一時期は粗製乱造

ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」についての評判や口コミ評価についてのまとめ

今、とあるMVNOの格安SIMが話題になっています。 それはぷららモバイルというところから発売がされ

iPhone6と6plusはネット重視ならSIMフリーでMVNOかauとSoftBankでの契約が安くなる

iPhone6と6plusの予約が12日から始まり、19日からの発売が決まりました。 予約はまだだけ

再開したiPhone5sのMNP一括0円、一体どこで契約するのがオトクなの?

iPhone5sのMNP一括0円。 この販売方法が9月からSoftBankとauで再開しています。d

U-mobile*dの格安スマホ(ヤマダ電機のYAMADAスマホ)についての評判や口コミ評価についてのまとめ

格安スマホの話題の中で、新たに台頭してきたブランドがあります。 U-NEXTが運営するU-mobil